武漢からの新しいコロナウイルスの発生の広がりに対して。

中国共産党の独裁政権の弱点は、武漢での新たなコロナウイルスの蔓延に対する中国の対応を通じて明らかにされた。 今年初めには、武漢などの都市の閉鎖や新病院の建設など、感染症の蔓延を防ぐための対策が講じられましたが、昨年、新たなコロナウイルスの発生とその危険性が指摘されました。 、警告が出されました。 ウイルスを発行した医師は逮捕され、情報は隠されていました。 その結果、新しいコロナウイルスの蔓延は、武漢から湖北の他の都市へ、湖北から中国全土の他の州へ、そして世界の他の地域へと広がりました。 感染拡大の主な原因の1つは、初期対応の悪さや情報隠蔽など、中国共産党システムの弱点にありました。

多くの人がこれを指摘しているが、2月5日のワシントンポストで、コラムニストのイグナティウスは、上海駐在員へのインタビューを通じて、中国共産党の統計さえも、彼は情報を信じていないと述べ、新しい状況に応じてコロナウイルス、政権は中国の歴史に照らしてつまずく可能性さえあります。

中国共産党・政府による情報管理、隠蔽、情報開示者の拘留、人権の抑圧など、新たなコロナウイルスの場合、国家機密の事例が次々と明らかになっている。 5月上旬に感染が発見されてから最初の1か月間、検疫と武漢住民の移動が規制されていれば、特に海外での感染拡大をさらに防ぐことができた可能性が高い。 行こう。 感染者は約1か月間自由に移動できました。 情報の管理と管理は独裁の基本的な性格であり、この場合、それは深刻な問題になりました。

その後、新しいコロナウイルスの蔓延に伴い、中国は独裁政権特有の大胆な対策を講じました。 これには、病院の建設、交通ルートの封鎖、武漢の孤立、企業の閉鎖、海外グループ旅行の禁止、旧正月の延長が含まれます。 したがって、驚くべきことに、その大胆さは中国の対応の根本的な問題を相殺しません。 それどころか、状況がより深刻になっている証拠です。

WHO(世界保健機関)の非常事態は遅れて失われた可能性があります。 1月22日と23日の最初の会議の結論は非常事態を宣言しませんでした。 声明は中国の努力を強調したが、なぜ中国が早期に宣言しなかったのかは明らかではなかった。 中国からの圧力があったのも不思議ではありません。 事実、会議では、中国代表が宣言の発令に強く反対したとのことで、中国代表も支持し、激しい議論が交わされた。 その後、WHOのテドロス事務総長(元エチオピア保健外相)が中国を訪問した。 習近平がいる習近平大統領との1月28日の会談は、「中国共産党の強力なリーダーシップの下で、中国の特徴を備えた社会主義の優位性を十分に発揮し、感染症に対する阻止ゲームに勝つために、私は完全に自信を持って。「これは、感染の停止というよりは、高圧の政治声明のように聞こえます。 Xi政権にとって最大の危機であることは知っていますが、Xi政権がWHOや国際社会と協力して新しいコロナウイルスを封じ込める方法がわかりません。 WHOはついに1月30日に非常事態を発令した。 しかし、それ以来、事務総長の中国に対する発言は続いている。 WHOに問題がある場合でも、中国が必要な情報を提供していない場合でも、WHOは事後に検証し、必要な措置を講じる必要があります。

この経験を通じて、中国が教訓を学び、行動を変えることが期待されています。 グローバル時代の感染症対策には国際協力と協力が不可欠であり、真の意味での協力を学ぶことが期待されています。 また、国際機関との交流の仕方も学んでほしいです。 国力の増大に見合った役割の支援と拡大は良いが、それを活用する国際機関への影響力の過度かつ不当な使用は止められるべきである。 より規律のある国際機関との交流の仕方を変える必要があります。 特に、人類の未来に影響を与える人の健康問題を扱う国際機関であるWHOは、不必要な政治問題をもたらすべきではありません。 2003年のSARS以来、台湾がWHOの正式加盟国でなくても、オブザーバーとして参加しても問題ない場合でも、毎年適用されても、中国は参加を拒否している。 WHOから台湾を除外します。 そのようなことは、大国の行動にはふさわしくないでしょう。

おすすめの記事