米国民主党候補者レースのフロントランナーのバーニー・サンダースを追いかけるバイデン候補。

米国民主党候補のレースでフロントランナーのバーニー・サンダース(78)を追いかけている元副大統領ジョー・バイデン(77)は、最大の山「スーパーチューズデー」で3日に予想外の大勝利を収めた。 そうだった。 サンダースの旋風の勢いを止める「ファイアウォール」にどこまで到達できるかを見るのは興味深いでしょう。

アイオワ州民主党の第1ラウンド以来苦戦しているバイデンは、先月29日に初めて祝い、サウスカロライナ州の予備選挙の第4ラウンドで2位のサンダース候補を破った。 その勢いで、3日のスーパーチューズデーでサンダースさんとのギャップをどこまで取り戻せるのか興味がありました。

その結果、テキサス(228人の代表)、バージニア(124)、ノースカロライナ(122)、アラバマ(52)などの南部の州に加えて、北東部のマサチューセッツ(114)も全面的に勝利しました。 、状況は一気に逆転した。 しかし、代表者の数が最も多いカリフォルニア(415)に加えて、コロラド(80)、ユタ(35)、バーモント(23)がサンダース氏に敗れた。

バイデン氏にとって、将来の展開はまだ楽観的ではありません。 ミシガン(147)、フロリダ(248)、イリノイ(184)、オハイオ(153)、ニューヨーク(320)、ペンシルベニア。都市部の労働者、若い世代、ヒスパニック系の有権者など、サンダースが頼りにしている人の多く。 これは、代表者が多い(176人)各州の予備選挙が私たちを待っているからです。

同じ日に行われた14の州のレースの中で、カリフォルニアでのサンダースの勝利は特に象徴的でした。 前日、ロサンゼルスコンベンションセンターで候補者を応援する大規模なロックコンサートが開催されたが、米国最大の屋内イベント施設である会場を17,000人が熱心に応援した。 人でいっぱいでした(ロサンゼルスタイムズ)。

これに先立ち、先月24日、テキサス州オースティンの野外イベント会場「ビッグマティアスショアーズ」のサンダース氏が、候補者支援集会に「12,000人以上の支持者」(CBS TV)が集まった。 彼が行く各都市での集会はまだいっぱいだと言われています。

バイデンキャンプにとって、過小評価され続けるサンダースキャンプの最大の強みは、その強力で幅広い支持基盤にあります。 他の候補には特に見られない特徴として、以下の点が挙げられています。

豊富な資金

サンダース氏の下で集められた選挙資金は、億万長者のマイク・ブルームバーグ(77歳)を除いて、他のどの候補者よりもはるかに優れています。昨年の10月から12月だけで、3400万ドル(約37億4000万円)を集めました。今年1月末にはテレビコマーシャルなどに5000万ドルを投資していたが、それ以来巨額の資金を集めている。 CNN TVによると、1月だけで2,500ドル、2月には4,650万ドルを集め、1か月の寄付の新記録を達成しました。 これまでに受け取った寄付の総額は1億2100万ドルと豊富で、勝利が続くにつれて増え続けています。 ちなみに、2月にバイデンに寄付された金額は1700万ドルでした。

さらに、バイデンは企業や裕福な人々などからの多額の寄付に依存してきましたが、サンダースの候補者のほとんどは、1ユニットあたり5ドルや10ドルなどの一般市民の小規模な寄付者です。 その特徴は、圧倒的にオンラインであるということです。 サンダースキャンプによると、全米の学校教師、スターバックスやアマゾンなどの大手新興企業の従業員、パートタイムの学生からの寄付も目立っており、昨年2月29日の2月29日には450万ドルでした。一日だけ。 寄付の申し出がありました。 その中には最初の35万人のドナーがいました。

草の根軍

人海戦術も大規模です。 たとえば、ネバダ州党員集会の圧倒的な第3ラウンドでは、5万人近くの熱心な支持者が事前に50万世帯を訪問し、候補者への投票を呼びかけました。

その特徴は、「草の根軍」と呼ばれる独自のボランティア組織にあり、米国の各都市、地域、地区に細かく配置された「キャプテン」の指揮下で各地域の特徴を活用しています。 キャンペーンを作成します。 選考本部からのトップダウン戦略ではなく、自らの判断に任せるDIY手法です。 サンダース氏が昨年2月に立候補を発表したとき、「草の根軍」は「100万人登録」(同じ陣営)であり、それ以来、その数は雪だるま式に増えていると報告されている。

その強みのひとつが「テレフォンバンキング」と呼ばれる参加型コールキャンペーンです。 たとえば、各ボランティアスタッフはランダムに約100人の有権者に電話をかけ、演習への参加に興味がある場合は、名前、年齢、職業、連絡先情報を留守番電話に載せるように依頼します。 10人からの返答があれば、それを「人事プール」に保存してネットワークを拡大し、ベテランスタッフが電話やメールでそれぞれに具体的な演習のノウハウを教えるゲリラ戦術です。 ..

各州の予備選挙の日が近づいているため、サンダースに投票するために訪問訪問が要求されたとき、キャンペーン参加者の若い母親が自宅で子供たちの世話をするためのデイケアサービスを準備するのは初めてです。

幅広いサポートと高い忠誠心

これまでの選挙運動を通じて、サンダースは「多世代、多民族の連合」が「サンダース革命」の最大の強みであることを強調してきました。

実際、サンダース氏が圧倒的に勝利したネバダ州党員集会の結果を分析したエジソンメディアリサーチの入場調査によると、30歳未満の有権者の66%、45歳未満の48%、そして55歳未満。回答者の65%がサンダースを支持しました。 性別では、女性の30%、男性の38%、

人種ごとに、ヒスパニックの53%が賛成でした。 また、ラリーの参加者の約半数は「大学卒業生」と「高校卒業生以下」でしたが、サンダースは両グループでトップでした。

また、「民主社会主義」であり、「アメリカの資本主義破壊者」として他の候補者から繰り返し攻撃されているにもかかわらず、支持者の忠誠心は非常に高い。 特徴と言われています。

たとえば、カリフォルニアの圧倒的な州を見ると、ファイブサーティエイトの追跡調査によると、他の候補者だけでなく、主要なメディアもすべて、今年の初めからサンダースの「社会主義への懸念」を提起しています。民主的な候補者の戦いが本格的に始まった。 報告を開始したにもかかわらず、候補者の承認率は、プライマリーの直前の1月上旬に22%、2月中旬に28%、3月1日に32%に上昇し続けました。 ing。 一方、バイデン陣営では、セントリストとしての政治的立場を共有するブッティジエゲ(38)が州選挙日の2日前に撤退し、クロブシャー(58)がそれぞれ1日前に撤退した。バイデン。 しかし、サンダースの旋風の勢いを止めることはできませんでした。

明確なメッセージ

サンダース氏の強みは、都会の労働者や大学生など、若者にわかりやすいメッセージを送り続けていることです。 特に、「普遍的な保険の実施」、「金持ちと貧乏人のギャップの是正」、「学生ローンのキャンセル」などのスローガンは、すべての人種の多くの有権者の生活に直接関係する緊急の問題です。 ほとんどの主要なdiaは各アイテムの実現可能性に疑問を呈していますが、それは紛れもなく人気があります。

一方、バイデンのスローガンは、基本的には「医療保険改革オバマケア」など、オバマ民主党政権が推進する政策を踏襲しており、マスコミから「新しさの欠如」と批判されている。

おすすめの記事