明治大学政治経済学部の宇野元夫教授は『日本の若者は恵まれている』と語る

トランプ大統領の集会、民主党のバーニーサンダース大統領の選挙集会、戸別訪問、アリゾナ州西部、ネバダ州、サウスカロライナ州南部での選挙での投票に関する一貫した調査。

サウスカロライナでは、ジョー・バイデンに敗れたものの、サンダースは前の3つの州で勝ちました。 この背後にある原動力は、学生ローンに苦しんでいる若者たちでした。

ウンノ教授は、そのような若い男性の1人である白人女性のアリ(31)とともに、サウスカロライナ州コロンビアで開催されたサンダース集会で1990年のアメリカ障害者法に適応します。 私は人々をサポートしました。

彼女は私に、「私には10,000ドルの学生ローンが残っているので、「ローンをキャンセルする」と約束しているバーニーをサポートします」と語った。 ..サウスカロライナ州南部ですが、宇野教授が訪れた2月の最後の週の天気は摂氏10度を下回りました。 それでも、アリはTシャツの形をしていた。

アリは地元の短期大学を卒業しましたが、就職できませんでした。 その後、それは「一連の時給労働」でした。 今でも、宅配などの1回限りの仕事(ギグワーク)に追いついているそうです。

「バーで働くと1日4,500ドル稼げるが、深夜まで働くのは肉体的に難しい…」と助けを借りずに言ったアリは「日本。若者は恵まれている」と宇野教授は語った。

メディアの報道によると、米国の学生ローンの残高は1.4兆ドル(約160兆円)に達しています。 2016年末の日本学生支援機構の貸付残高は約9兆円で、規模の違いがわかります。

「サンダースキャンプで出会った多くの若者は、 『学生ローンの債務免除』の約束に惹かれているようだった」と宇野教授は語った。

おすすめの記事