CDC(米国疾病予防管理センター)は、世界の感染症の権威です。

米国は現在、中国を抜いて世界で最も感染者数の多い国になっています。
CDC(米国疾病予防管理センター)は、感染症の権威ある組織ですが、コロナウイルスによる新しいタイプの肺炎の蔓延を防ぐことはできませんでした。

新しいコロナウイルスは人類に知られておらず、各国は対策を講じるしかありませんでした。 そして、WHOでさえ明確な対策基準を考え出すことができませんでした。 しかし、CDCは過去にエイズウイルスやエボラ出血熱ウイルスへの対策が高く評価されており、今回もアメリカ人の期待が高かったので、なぜそうなのか疑問が生じます。

CDC内部メールを取得する

それに応えて、独立ジャーナリストによる非営利組織であるProPublicaは、CDCから内部メールを受け取り、特に初期の組織内の情報の混乱が対応の遅れにつながった可能性があると指摘しました。 やっています。

そもそも、CDCが中国側が未知のウイルスによる肺炎で死亡したと報告したのは1月3日だったと言われています。 武漢は1月23日は休業となります。 日本は2月1日、中国の湖北省と湖北省に滞在する外国人の入国を原則として禁止すると発表したが、この時点で米国はすでに中国全土からの移民を禁止している。 そうだった。 最初の応答には速すぎました。

しかし、米国で最初の公式に陽性の患者は、1月15日に武漢からワシントンに戻り、1月19日に病院を訪れた後、陽性と診断された中国人男性でした。 言い換えれば、中国からの入国が禁止されたときに、隠れた感染がすでに米国に広がっていた可能性があります。

この事例に基づいて、CDCには、「中国、特に武漢周辺に滞在した経験がある」、「4日以上発熱や咳などの症状がある」、またはそのような人々と密接に接触しているかどうかをテストするためのガイドラインがあります。 私は決めた。 これは日本とまったく同じです。 日本の厚生労働省がCDCガイドラインを参照したかどうかは不明ですが、当初設定されたガイドラインのためにその後の混乱が始まったと言えます。

2月、ワシントン州とカリフォルニア州の2つの州で、市中肺炎の疑いのある2件の症例が発見されました。 CDCは、肯定的な結果に関与した人々を追跡したいと述べ、クラスターの存在を見つけるために人々の数を増やす必要性を感じました。 ProPublicaが入手した社内メールによると、「緊急」というタイトルには、「感染者を特定し、早期に発見するための人員が必要」と記載されています。 ここでは、PUI(Patient UnderInvestigation)という用語を使用しており、データを管理して1つのドライブにまとめる担当者を緊急に募集しています。

CDCには15,000人の従業員がおり、米国全体をカバーしています。 各州で患者報告が出始めており、対応が難しいことがわかります。 陽性の患者が1人いた場合、周辺地域や過去の行動を詳細に調査する必要があり、地方事務所の担当者はそれをカバーできないと考えられます。

同時に、CDCは1月下旬にウイルス検査キットの開発を開始し、独自のキットで米国の需要をカバーできると述べました。 その結果、キットに欠陥があり、その後の検査が不十分になりますが、CDCは明らかにコロナウイルスの脅威を過小評価していると言えます。

おすすめの記事