米国で新しいコロナウイルスに感染した人の数は10万人を超える

米国で新しいコロナウイルスに感染した人の数は10万人を超え、急速な増加は止められないままです。 死者数は1,500人に達しています。

この危機にもかかわらず、ドナルド・トランプ大統領は彼に彼の能力を疑わせる何かをしている。 したがって、この論文はトランプ大統領の危機管理能力に焦点を当てています。

ホワイトハウスでの記者会見

トランプ大統領は3月25日のホワイトハウスでの記者会見で、「イースター休暇(今年の4月12日)までに経済を再開したい」と述べた。 彼は、イースターまでにマイク・ペンス副大統領が率いる新しいコロナウイルスのタスクフォースによって発行された「感染の拡大を遅らせるための15日間のガイドライン(行動ガイドライン)」を緩和する意向を表明した。 「私は人々の生活を通常に戻したい」とトランプは主張した。

ガイドラインには、10人以上の集まりを避ける、バーやレストランでの飲食を控える、旅行を控えるなどの具体的な行動ガイドラインが含まれています。

トランプ大統領は、「イースターは特別な日であり、教会を(礼拝者で)いっぱいにしてほしい」と述べ、教会を再開して礼拝を許可したいと述べた。

トランプ氏の発言には、少なくとも3つの興味深い点があります。

1つ目は締め切りの設定です。 これは何を意味するのでしょうか?

トランプ大統領はこれまでのところ、期限について否定的な考えを表明してきました。 特に交渉では、期限を設定すると立場が弱まります。

それにもかかわらず、トランプ大統領は、コロナ感染の拡大中の19日で経済を再開するという非現実的な期限を設定しました。 株式市場の暴落と景気低迷により、背景がかなり焦っていることは間違いない。 トランプ氏の最大の強みである経済と低い失業率は、すぐに弱点に変わる可能性が高くなります。

二つ目は、コアサポーターを意識したメッセージです。 新たなコロナウイルス感染の拡大により大規模な集会を開くことができなかったトランプ大統領は、支持者にメッセージを伝える方法に対応するのに苦労しています。

前回は「中国ウイルス」と言って「中国嫌い」の支持者の熱意を高めた。 今回は、イースター休暇の重要性を強調し、支援基盤の一部であるキリスト教の福音派にメッセージを送ることと考えることができます。

さらに、イースターを強調することは、陰謀説をオンラインで広め、トランプ大統領を擁護する謎の「QAnon」の信者へのメッセージでもあります。 私がトランプの集会に出席したとき、白人女性のQAnon信者は、ホワイトハウスでのイースターのお祝いに現れるウサギについて熱心に話しました。 うさぎは巣穴を通り抜け、人々を虚偽から真の世界へと導くと私は信じています。

さらに、トランプ大統領は過去にホワイトハウスでイースターを祝うためにQAnonの言葉を使用しました。 上記の白人女性信者は、イースター休暇に関するトランプ氏の発言にも言及しました。

要するに、イースターはトランプ大統領を支持するキリスト教の福音派とカノン信者にとって決定的な休日です。 念のため、私はQAnonを信じていません。

おすすめの記事