新たなコロナウイルス感染の影響で静かだった成田空港で・・・

日本に突入した大手新聞社の「新聞奨学生」

3月中旬、100人以上のベトナム人の若者が成田空港に到着しました。成田空港は、新しいコロナウイルス感染の影響で静かでした。 大手新聞社に「新聞奨学金学生」として採用されたベトナム人学生です。 新聞社で配達の仕事をしながら、今後2年間は日本語学校に入学する予定です。

ベトナムは日本最大の労働者派遣国ですが、この頃には新しいコロナ感染の拡大により、両国間の交通量は減少し始めました。 その後、日本政府は3月26日に発表しました。規制の対象となる国にベトナムを追加します。 その結果、4月末まで留学生の入国は事実上不可能でした。その前に、ベトナムの奨学金の学生が国に殺到しました。

ベトナム語を受け入れる新聞販売員は言う。

「ベトナム人が無事に来日してくれてうれしいです。同じ奨学生でも、ネパールやモンゴルからの留学生は来日できませんでした。新聞配達を邪魔する営業所があるかもしれません。」

留学生としてアルバイトを考えると、コンビニエンスストアやレストランチェーンで働くことを想像する傾向があります。 しかし、新聞配達サイトでも留学生への依存度は高い。

日本新聞協会によると、2019年10月現在、全国の新聞社の従業員数は271,878人で、前年度比5%以上の減少となっています。 2001年と比較すると、その数は20万人近く減少しています。 これは新聞購読者の減少の結果です。

一方、外国人社員の数は、前年度比6.4%増の2761人で、奨学生を含む留学生のアルバイトが多い。

新聞販売員全体の約1%を外国人が占めており、それほど高くはありません。 日本で働く外国人の数は約166万人に達し、日本人を含む労働者の2.5%を占めています。 しかし、都市部の新聞店では、外国人配達員の割合がはるかに高くなっています。

著者は、新聞配達サイトで外国人に6年間インタビューを行っており、過去2回ベトナムの朝刊に同行したことがあります。 どちらのインタビューも東京近郊の営業所で行われたが、1店舗は配達員10人中8人、ベトナム人学生7人中5人だった。 東京には、配達スタッフ全員がベトナム人である営業所もあります。

市内での新聞配達に関しては、地方の勤勉な学生が担当するケースが多かった。 新聞奨​​学金を受給する場合、大学等の授業料は奨学金の対象となります。 しかし、仕事は決して簡単ではありません。 午前2時頃からの朝刊の配達に加えて、午後の夕刊の仕事もあります。 人材不足でアルバイトができるようになった今、若者がわざわざ新聞を配達することはめったにありません。 したがって、営業所は外国人に頼らざるを得ません。

もちろん、外国人が新聞を配達するかどうかは関係ありません。 奨学生の方は、日本語学校の授業料もお支払いいただけます。 アジアの新興国からの多くの留学生が多額の借金を抱えて日本に来るという状況を回避することができます。 しかし、新聞配達サイトの留学生には別の問題があります。

留学生のアルバイトには「週28時間以内」の法定上限があります。 しかし、新聞営業所の仕事は、普通に行えば「週28時間」で終わらない。 これは、朝夕の配達に加えて、広告を挿入する作業もあるためです。 私がインタビューした2つの営業所では、留学生は週28時間以上働いていました。 言い換えれば、彼らは違法に働くことを余儀なくされています。

さらに、残業代は支払われません。 残業代を支払うと、営業所が違法に働くことを許可します。 作者はインターネットを中心にこのような問題に繰り返し訴えてきましたが、状況は改善されていません。 また、主要メディアの知識にも影響を受けました。

新聞は、外国人労働者の問題に関して研修生が被った人権侵害を頻繁に報道している。 しかし、多くの留学生が借金で来日し、「週28時間」以上の不法就労を余儀なくされており、日本語学校で便利に利用されていることを背景に取り上げられることはめったにありません。 、新聞配達サイトでの違法雇用の問題があります。 彼は留学生の問題について報告した場合、火花が彼の配達場所に到達することを恐れています。 このようなメディアの姿勢は、日本の外国人に対する日和見主義の象徴と言えます。

「日本は外国人労働者なしではありえないでしょう。」

最近新聞でよく見かける言葉です。 声は、低賃金労働者を求めているビジネス界に限定されていません。 「多文化共生」を提唱する「人権団体」も主張している。

しかし、最初にすべき議論が欠けていると思ってはいけません。 「人手不足」の本質を分析することです。

外国人労働者の増加は、全体の40%以上を占める留学生や研修生の急増によるものです。 そして、彼らは通常、日本人労働者が不足している仕事に就職します。

留学生の場合、日本に初めて到着したときは、通常、夜勤で働きます。 日本語が苦手な方でも対応できるからです。 コンビニエンスストアで見かける留学生は「エリート」で、コンビニエンスストアやスーパーで売られているお弁当やおかず製造工場、宅配便の仕分け場所、ホテルの掃除など、普通に暮らす日本人がほとんどです。 そうすれば、気づかない場所で働くことになります。

どんなに貧しい国でも、一晩中お弁当にサイドディッシュを詰める仕事をする気はありません。 それでも、母国での借金を返済し、日本語学校に授業料を支払う唯一の方法は、過酷なアルバイトをして法律に違反して働くことです。

おすすめの記事