今回のテーマは、クリスチャン福音派とエクストリームチョイス

今回のテーマは「クリスチャン福音派と極限の選択」です。 米国のメディアによると、米国防総省当局者は、ドナルド・トランプ米大統領がイランの司令官カセム・ソレイマニを殺害することを選んだとき、彼らの驚きを隠すことができなかった。

トランプ大統領が「極端な選択肢」を選択する状況は、ソレイマニ司令官の殺害によって明らかになりました。 それで、この記事では、トランプ氏が極端な選択肢をどのように受け入れるかを分析します。

「サポート基盤の崩壊」の回避

トランプ大統領の支持基盤であるキリスト教福音派から昨年12月に「トランプ解任発言」が飛び出した。 ウクライナの主張におけるトランプ大統領の言動は不道徳であると言われています。 トランプ氏はこの声明に敏感に反応した。

再選におけるキリスト教福音派の影響を無視することは不可能です。

2006年2月にテキサス州サンアントニオで設立された福音派組織であるイスラエルのために連合するキリスト教徒(CUFI)には、800万人の会員がいます。 このグループは、オバマ政権の「イランとの核合意」と「エルサレム大使館の移転」に反対の立場をとっており、強く反イラン的である。

米国のメディアによると、グループの創設者でありテレビの伝道者であるジョン・ハギーは、イランのマフムード・アフマディネジャド前大統領をヒトラーと比較することにより、イランへの軍事攻撃を呼びかけた。

ソレイマニ司令官の殺害に責任があるとされるマイク・ペンス副大統領と国務長官マイク・ポンペオは、どちらもキリスト教の福音派であり、彼らの宗教は外交に強く反映されています。 そもそも、トランプ大統領は、キリスト教の福音派の票を獲得することを目的として、2016年の米国大統領選挙でペンス氏を副大統領に指名しました。

しかし、キリスト教の福音派は、トランプ氏がウクライナの主張における彼の言葉と行動を国益よりも個人的な利益を優先していると非難しました。 したがって、「トランプから離れて」「反イラン」キリスト教福音派を止めたいという大統領の強い願望は、ソレイマニ司令官の殺害の動機の1つになりました。

トランプ政権は1月2日(現地時間)に司令官の殺害を発表した。 翌日、トランプ大統領自身がフロリダ南部でのキリスト教福音集会に出席し、ソレイマニ司令官の殺害について報告しました。

先に説明したように、トランプ大統領の支持基盤は、白人中心の「単一文化連合」です。 それは主に白人労働者、退役軍人、キリスト教福音派、白人至上主義者で構成されています。 トランプ大統領は、キリスト教の福音派の解任によって信者が分離されたため、「支持基盤の崩壊」につながる可能性のある危機に直面しました。

おすすめの記事