サウスフロリダ大学の国立モフィットがん研究センターで、所長、副所長の研究者達が解雇

2019年12月18日、サウスフロリダ大学の国立モフィットがん研究センターで、所長、副所長、および4人の研究者が解雇されました。 メディアの報道によると、彼らは「千人的資源」プログラムと呼ばれる中国共産党の才能ある外国人の頭脳の大規模な採用の一環として中国から支払われた。

中国による機密の軍事および商業情報の盗難は、米国では長い間問題となってきました。 そして、それが米中関係の悪化の背後にある要因の一つでした。

2019年4月、テキサス大学MDアンダーソンがんセンターでも同様の事件が発生しました。 アジアからの3人の教授が機密の研究情報を盗んだ疑いで解雇されました。

中国共産党が米国の大学や研究機関と「千人的資源」プログラムに取り組んでいることは古くから知られていますが、今回はフロリダの癌研究センターで、所長以下が中国政府によって計画されています。 このような状況下、中国政府の米国の大学や研究機関に対する取り組みは、有償で解雇された後、これまで以上に脚光を浴びている。

米国の施設や機関は伝統的に開放されており、外国人もその恩恵を受けています。 しかし、その開放性を悪用し、それを悪用して米国の利益を害するケースが時折ありました。 たとえば、国際テロ組織であるアルカイダ派は、米国の自動車教習所で訓練を受け、免許を取得し、米国の航空機をハイジャックし、2001年にテロ攻撃「9.11」を引き起こしました。

中国政府の米国の大学や研究機関へのアプローチは非常に中国的であり、「千人的資源」計画と呼ばれる大規模で詳細な計画が豊富な資金で動員されているようです。 その目的は、学術研究を促進することだけでなく、中国の経済および軍事技術の向上に貢献することです。

FBI(連邦捜査局)は、中国の努力が米国の安全保障上の懸念であると米国中の研究機関に長い間警告してきましたが、今では米国議会も重要です。 性質を認識し、問題の全体像を調査するよう努めており、大学や研究機関に可能な限りの対策を講じることを求めています。 米国の大学や研究機関はもともと公開研究を行うことになっていたが、中国政府の努力には警戒しなければならなかった。 中国政府の意向を考えると、これは大学や研究機関にとっての問題であるだけでなく、米国の公的部門と民間部門が協力すべき問題でもあります。 それはまた、米中関係の緊張に新たな火付け役を提供しますが、米国の安全保障上の利益が脅かされている今、米国は黙って見落とすことはできません。

日本もまた、中国が日本の大学や研究機関に同じように取り組んでいるかどうかを調査し、必要に応じて適切な措置を講じる必要があります。

米国とカナダでは、すでに大学に設置されている孔子学院が、中国共産党によるスパイ活動の温床であると言われていました。 米国のFBIによる調査に加えて、大学教育委員会は孔子学院を「中国の独裁政権によって監督および助成された機関」として認定しました。 これらに対応して、孔子学院は、米国のシカゴ大学、ペンシルベニア州立大学など、およびカナダのマクマスター大学などで閉鎖されました。

日本でも早稲田大学や立命館大学などの有名大学に孔子学院がありますが、問題はありませんでした。 また、海外からの「高度な人材」の受け入れにも積極的に取り組んでおり、中国は大学や研究機関への移住をさらに促進することで、日本の人々を受け入れ、増やす傾向にあります。 アメリカやカナダで行われていることは日本では行われていないと言えますか? 日本の場合、米国のFBIのような組織がない場合、誰が調査して取り締まるのでしょうか。 日本は科学技術の国として経済的に発展してきましたが、まるで世界第2位の経済大国を中国に譲り渡したかのように、先進技術に関する情報が無意識のうちに省略されていたのかもしれません。 日中友好の重要性を考えると、日本の国益をどのように保護するかが急務である。

おすすめの記事