11月上旬鈍い空の下、ドイツのミュンヘン空港で下車

11月上旬。 鈍い空の下、ドイツのミュンヘン空港に着陸しました。 まず、高速列車「ICE」に乗って、ゲーテが若くして過ごしたライプツィヒに到着しました。 そこから、ポーランドとの国境に向かってさらに1時間半ほどドライブし、ドイツのフォルクスワーゲン(VW)にあるツヴィッカウの工場を訪れました。 目的は、ドイツの自動車産業における「大きな変革」の瞬間を目の当たりにすることです。

アンゲラ・メルケル首相は言った
自動車産業の変革に対する危機感

「自動車業界は前例のないパラダイムシフトに直面しています。」

ツヴィッカウ工場に出頭したドイツのメルケル首相は、とても強く言った。 VWは、Zwickau工場の生産ラインを、内燃機関を使用する自動車から、年間生産量33万台の電気自動車(EV)の生産拠点に転換しようと試みており、著者はVWの新しいEVを訪問しました。同工場での「ID.3」の量産開始を祝うイベント。

さらに、ツヴィッカウ工場だけがEV生産ラインに切り替える会社ではありません。 ドイツの4つの工場に加えて、チェコ共和国、米国、中国のAnting Town(SAIC Motor Groupとの合弁事業)とFoshan(FAW Groupとの合弁事業)の合計8つの工場をEVに転換する方針です。生産ライン。 ..

これに加えて、同社は20〜24年の5年間でEVなどの次世代技術の開発に600億ユーロ(約7.2兆円)を投資し、そのうち330億ユーロが電化技術となる。 投資する。さらに、2017年までに75台のEVモデルを発売し、合計2600万台を販売するという野心的な目標を設定しました。

「そんなに作ることで何をしますか?」 一連のVWアナウンスを聞いた作者の印象でした。

これは、日産リーフが2010年の発売以来、2019年3月の累計販売台数が40万台に達したためです。世界で最もEVを販売しているテスラでも、2018年には24万台を販売したと言われています。現在世界中で販売されているEVの総数をはるかに超える数のEVを生産します。

VWの強気なEV生産への移行を理解するには、まず会社がどのようにして生まれたのかを知る必要があります。 同社は1937年にドイツのニーダーザクセン州ヴォルフスブルクで設立されました。 第二次世界大戦後、ドイツ連邦政府とニーダーザクセン州政府は民営化され、それぞれの株式の20%を保有していました。 現在、ポルシェ家とポルシェの創設家であるピエヒ家は、合計で50%以上、州政府が20%、中東の政府基金が17%、そして約10%しか所有していません。残りは一般公開です在庫です。

おすすめの記事