『92コンセンサスはありません。』台湾の最高経営責任者

「92のコンセンサスはありません。私は当時台湾の最高経営責任者だったと確信しています」と李登輝は語った。

92のコンセンサスは、1992年に台湾と中国が「同意」することであり、内容は「台湾と中国はどちらも「1つの中国」の原則を遵守しているが、解釈は異なる。裁量権を与える。」台湾の間には食い違いがある。と中国の解釈についてですが、台湾側の主張は、台湾と中国が「どちらが合法的な中国であるか」を永遠に主張している場合、彼らは議論のテーブルに載らないので、当分の間、同じ「中国」の根拠は中古。 私たちはトップに立っているので、最初にお互いの主張について話し合うべきであるという合意です。

中国との関係を見直し始めた親中国人

先日、国民党総選挙が行われ、まだ40代の江啓臣が当選した。 1月の大統領選挙で大敗を喫し、ウー・デンイ大統領が辞任した後の選挙だったが、今回の選挙自体が台湾がすでに新時代を迎えたことを象徴しているのかもしれない。 そうですね。

選挙は、江啓臣と郝龍潭の一対一の戦いでした。 江啓臣は台中出身の48歳の若い立法議員です。 カタヤ・ハウ・ルンピンは、蔣介石夫人の宋美齢に愛されたハウ・ペイリンの息子であり、台北市長とその家族の副首長を務めてきました。

この2人の候補者全員が「レビュー」を提案したのは「92コンセンサス」です。 しかし、この「92コンセンサス」は文書に残されておらず、口頭で結ばれたと主張する国民党の代わりにすぎません。 しかし、これまで国民党は「一つの中国」に頼ってこの合意に達してきました。 レビューを提案した若い江啓臣が大統領に選出されたが、これは国民党にとって大きな転換点となる可能性がある。

おすすめの記事