米国コロナウイルスの感染者数と死亡者数、57万人と2万8000人を超える

4月14日の時点で米国での新しいコロナウイルスの感染者数と死亡者数は、それぞれ57万人と2万8000人を超え、世界で最も多い。 その背後には、再選に必要な好景気を維持するために、外出禁止や景気悪化などの強力な措置をとることに消極的なトランプ大統領の意向があった。 ニューヨークタイムズ紙は11日、背後にあったホワイトハウスの内幕を明かした。

ホワイトハウスの国家安全保障会議の当局者は1月初旬、中央情報局(CIA)や国防情報局などの諜報機関がウイルスを中国から米国に拡散させ、数週間以内に市民を家に残したと述べた。 シカゴと同じくらい大きな都市を封鎖するための措置を講じなければならないと予測する報告を受けました。

報告は1週間後にトランプ大統領に伝えられましたが、何の行動も取られませんでした。 1月29日、ホワイトハウスの経済担当首席補佐官は、ウイルスの蔓延により50万人もの市民が死亡し、3兆ドルもの費用がかかるとのメモを書いて大統領に警告した。 ..

翌30日、今度は保健福祉長官が大統領に直接電話をかけ、パンデミックが発生する可能性があると伝えた。 大統領は中西部に向かう途中でエアフォースワンの飛行機に乗っていたが、長官に「慌てる必要はない」と言って心配しているのではないかと答えた。

大統領が真剣に受け止めなければ事態は悪化した。 懸念は政府内のペスト当局者と感染症専門家の間で広がり、「レッドドーン」(米国戦争映画のタイトル)という名前でチェーンメールがはためく。 しかし、4月までに、トランプ大統領は「暖かくなると奇跡的に消える」と、根拠のない楽観論を繰り返していた。

しかし、保健省の専門家グループが国家安全保障会議の職員とともに作成した2月14日のメモは、会議の制限、スポーツイベントのキャンセル、外出の禁止、在宅勤務、学校の閉鎖の検討などの措置を強制しました。 グループの代表者が社長と会い、提案をしようとして、それが含まれていました。 しかし、大統領の公式訪問により、大統領に事態の深刻さを理解させる試みは弱まった。

このような状況下、2月25日、パンデミックの懸念を表明していたメソニエ国立免疫呼吸器センターの所長は、「コロナウイルスの蔓延は避けられない」と述べた。 「警告。この衝撃的な声明は株式市場を崩壊させた。しかし、警告は大統領への事前の通知なしに与えられた。

トランプ大統領は、メッソニエ氏がインド訪問から帰る途中の特別機での発言により株価が急落したことを知り、激怒した。 大統領は26日早朝にワシントンに戻り、すぐに厚生省長官に電話をかけ、メッソニエ氏が不必要に人々を怖がらせているという怒りを爆発させた。

26日の夜に予定されていた大統領と病気の専門家との会談は突然中止された。 専門家たちは、会議で大統領に外出を控えるなどの強力な措置が必要であることを納得させることを計画した。 会議の代わりに、大統領はマイク・ペンス副大統領が率いる対応チームを設立しました。 チームの役割は明確でした。 「もう国民を心配するメッセージは必要ない」とのことで、大統領への勧告も萎縮した。

一方、2月中旬、ジョージア州から厚生労働省の専門家を驚かせた報告が届いた。 無症候性の20歳の中国人女性が5人の親戚に感染したと言われています。 「症状のない感染者がウイルスを広めています。」 2月の第3週までに、保健省などの流行の専門家は、経済活動の控えや学校の閉鎖などの強力な措置を講じない限り、ウイルスは広がらないと確信していました。

当時、保健省の専門家は、米国で1億1,000万人が感染し、770万人が入院し、586,000人が死亡したと推定しています。 2月26日現在、15件の公式感染がありましたが、3月16日には4,226件で、現在、感染者数は50万人を超えています。

マイク・ペンス副大統領がコロナ対策を担当するようになった2月26日から、トランプ大統領が外出禁止などの行動指針を発表した3月16日までの3週間、米国は強力な効果的な対策を講じることができなかった。 、パンデミックは加速していました。 危機的な時期に3週間が失われました。 3月末の数日間は、大統領の提案に耳を傾ける能力の欠如を浮き彫りにしたことは一度もない。

おすすめの記事