ハドソン研究所の研究員であるウォルター氏の社説

バード大学の教授でハドソン研究所の研究員であるウォルターラッセルミードは、「コロナウイルスはポピュリズムを殺すのだろうか」という社説を書いた。 3月23日のウォールストリートジャーナルで、新しいコロナウイルスがポピュリズムを終わらせるかどうか疑問に思っています。 問題は、ポピュリズムが攻撃している伝統的な軍隊の政治と政策に戻るべきであると主張することは理にかなっているということであり、トランプの再選はトランプの外見よりもさらに衝撃的であると言っています。

ミードの社説の要点は次のとおりです。

(1)トランプに代表されるポピュリスト政治のため、各独立国家は世界のウイルス対応の中心であり、国際協力や国際機関の存在はありません。

(2)この問題を通じて、世界は多国間主義と国際協力の秩序に戻るかもしれない。

(3)その意味で、秋の大統領選挙でトランプが勝つか負けるかが重要だ。

このパンデミックを通じて、世界は必要な是正を行った後、多国間主義と国際協力に戻ることが強く望まれます。 ばらばらの国際社会において国の利益を最大化するためには国際協力が不可欠であることは明らかであり、他に方法はありません。 世界中の有権者はこの状況から少し教訓を学んだと思います。 期待したいです。

このパンデミックは、歴史上最大の世界的問題となっています。 中国の武漢で始まった感染症は、中国の活動の拡大と一帯一路などのグローバル化の波に乗った影響力を通じて、瞬く間に世界に広がりました。

すべての国が責任を負っていますが、中国が最初にすべての情報を開示し、警鐘を鳴らし、国際協力を求め、WHOが以前に行動した場合、そうではなかったでしょう。 そうですね。 ポンペオ氏は25日の記者会見で、(1)専門家の派遣など米国の協力を拒否したこと、(2)情報共有を遅らせたこと、(3)情報源に関する偽情報について中国を強く批判した。

一方で、米国も責任を負っています。 世界最大のリーダーであるにもかかわらず、彼はリーダーシップを軽蔑した。 トランプは、時代遅れのゼロサムの世界観を採用し続け、国際協力と組織を無視し、専門家と専門的スキルを無視する政治的方法を採用し、効果的な国際協力の構築を拒否した。 米国が議長を務めるG7電話会議は良かったが、実際に主導権を握ったのはフランスのエマニュエル・マクロン大統領であり、フランスがそれを設定した。 「大人」の力は米国政府内では回復していないようです。 歴代の米国政権は、さまざまな問題を引き起こしながら、強力なリーダーシップを発揮し、連合を作り、世界を統一し、危機を克服するために同盟国と協力してきました。 1970年代のエネルギー危機、経済危機、ソビエトのアフガニスタン侵攻、フセインのクウェート侵攻、そしてテロ対策。 現在の状況がさらに4年間続くと、国際秩序の回復はさらに困難になります。 3月24日付けのワシントンポスト社説「コロナウイルスのパンデミックは米国のリーダーシップの低下を示す可能性がある」は、スエズの混乱が英国の衰退の兆候となったように、ウイルス問題が米国の「スエズ」になると述べている。 もしそうなら、トランプは責任があり、中国は米国のリーダーシップの欠如の最大の受益者であると述べています。

おすすめの記事