台湾の新しいコロナウイルス病に対する世界の反応を見る

新しいコロナウイルス病に対する世界の反応を見ると、台湾が中国の一部ではないことを世界中の人々に認識させることは非常に重要です。

台湾では、2003年のSARS災害で84人が亡くなったことを教訓として残されており、今回のコロナウイルス災害への対策、初期対応、検査、検疫、治療など、透明性のある非常に効率的な対策を実施。 その結果、これまでのところ、感染者数も死亡者数も他国に比べて抑制されています。 台湾は中国、ヨーロッパ、アメリカよりも見事にこの災害をコントロールしていると言えます。

これまでのところ、この台湾の管理措置は世界中で高く評価されており、この状況から、台湾と中国の違いは明らかです。

中国外務省のスポークスマンは最近、彼のツイッターアカウントに、米軍関係者が新しいコロナウイルスの流行の原因として武漢にウイルスを持ち込んだ可能性があると投稿した。 一方、米国は、中国が新たなコロナウイルス病の発生源であることは間違いなく、初期の中国の隠蔽活動の結果、世界中の国々が犠牲を払わなければならなかったと述べた。 私はこの投稿の内容を非難しました。 トランプ大統領はそれを新しいコロナウイルスの代わりに「CHINESEVIRUS」(中国のウイルス)と呼んだ。 国務長官のマイク・ポンペオはそれを「ウーハンウイルス」と呼んだ。

ごく最近、米国下院はまた、Twitterコンテンツの中国のスポークスマンを「偽情報」として非難する超党派の決議をまとめました。

中国共産党の習近平政権は、米国での過ちを伝える必要があるが、おそらくこのやり方をとっていたので、これは米国の専門家を動揺させるものになっている。 中国は、新しいコロナウイルスを広める責任を曖昧にし、中国自体が被害者であるという印象を与えることを熱望しているようです。

台湾の住民は、中国での新しいコロナウイルスの流行の広がりとその後のさまざまな対策を見て、中国の一党独裁政権が新しいコロナウイルスと戦う上でどのように限界があるかを思い出しました。 でなければなりません。

日本はこれまで、WHO(世界保健機関)の一員として台湾を支援してきました。 しかし、今回のWHOの動きを見ると、中国の影響が大きいためか、台湾の存在を無視する姿勢が続いている。 したがって、台湾がコロナウイルス病をどのように抑制しているかについての知識と経験がすぐに世界に共有されないのは残念なことです。

さて、ここでもう一度、台湾がこの新しいコロナウイルスの危機にどのように対応したかを共有したいと思います。 日本にも役立つはずです。

台湾は早い段階で国境を閉鎖し、中国へのアクセスを制限しました。 学校は2週間閉鎖され、その間に徹底的に消毒されました。 学校が再開されたとき、徹底的な温度測定テストが行​​われました。 学校の入り口にはテント待合室が設けられており、微熱で感染する可能性のある人は控えるように言われました。 台湾の健康保険証の先端は旅行歴を表示するように設計されており、健康診断の段階で、中国と日本に誰が行ったかが一目でわかるメカニズムがありました。 レストランやホテルなどの入り口や病院では、アルコール消毒剤を噴霧して来場者を治療しました。 入らない方は入場できません。 マスクの輸出は早期に禁止されており、国内で購入する人は数に限りがあり、保険証などのチップで管理されています。 これにより、価格の高騰、不足、買いだめを防ぐことができました。

これらの国内対策だけではありません。 台湾は小さな国ですが、世界第3位の経済大国である日本を支えてきました。 南米ペルーで立ち往生し、新しいコロナウイルスによって国境が封鎖された29人の日本人観光客が、台湾政府によってチャーター便に乗せられました。 104人の日本人観光客が旅行代理店が手配したチャーター機で国を出ました。 台湾政府自体が遠方のペルーにチャーター機を配置し、国民の出国を支援したが、日本にもその恩恵が委ねられていたようだ。

3月下旬、トランプ大統領は超党派の支持を得て制定された「台湾同盟国際保護強化イニシアチブ法(TAIPEI法)」に署名した。 法は、国務省が台湾の外交関係を強化するための措置について議会に報告することを要求し、政府が台湾の安全を脅かす国との関与を再考することを要求している。

日本は、米国の同盟国として、また台湾への感謝を含め、台湾との関係をさらに強化すべきである。 将来的には、日米両国が率先して国際社会の世論を高め、台湾の国際的地位の向上を促進できればよいと思います。 新しいコロナウイルスの危機は、台湾が独立国であることを証明しました。

おすすめの記事