民主党の大統領候補バーニー・サンダースが選挙運動から撤退

民主党の大統領候補バーニー・サンダースは、選挙運動から撤退すると発表した。 彼の選挙カウンセラーも早期撤退を要求したと報告されている。 その理由は、「民主党本部との対立を強めるよりも、ここから撤退して、可能な限り新政権に政策を反映させる方が有利だからだ」と語った。

ほぼ公式に民主党の候補者であるジョー・バイデンも、サンダースの支持者に自分自身に投票するよう呼びかけている。 しかし、サンダース支持者の15%は頑固で、「イラク戦争に賛成票を投じ、女性スキャンダルと息子ロシアの主張をしているバイデン氏に投票するのと同じくらい、トランプ氏に投票する」と述べた。 。」

一方、相手が苦手なバイデン氏がバイデン氏になったことで、トランプ大統領の動きが目立つようになった。 その中で最大のブラフは、WHOのテドロフ事務総長への攻撃です。 4月7日の新しいコロナウイルスに関する記者会見で、大統領は「WHOへの寄付を停止することも検討している」と強く述べた。

その理由は、WHOが世界に十分な情報を提供しておらず、中国からの姿勢を変えていないためであり、台湾政府は早い段階で「ウイルスは人から人へと伝染する可能性がある」と警告した。 また、WHOは「人から人への感染の可能性は低い」と述べ、パンデミック宣言の遅れは「中国への過度の配慮から世界中への感染拡大を防ぐ義務を怠っている」と述べた。その。

WHOの予算は約60億ドルで、そのうち米国は5億3500万ドルを負担しています。 その後、大統領は「保留にするつもりだが、やるつもりはない」と少しトーンダウンしたが、日本では「WHOのせいにしている私のアンチウイルスの失敗。」 「取り替えられている」という批判があります。

しかし、このトランプの発言には正しい一面があります。 WHOのブリーフィングで台湾の代表者が尋ねた質問は無視され、テドロフは突然、過去3か月間台湾に攻撃されたと述べました。 もあります。 中国を褒め称えて「中国は頑張っている」など、監督が中国人であると言っても意味がないことは間違いない。

一方、トランプ大統領も「ウイルスの混乱は4月までに終わる」という根拠のない楽観論を展開し、対策の遅れがニューヨークで発生し、世界で最も感染した国となった。 負担は否定できません。 最近、イースターの初め(4月14日)に経済が再開すると自慢していましたが、全国は少なくとも4月は経済が再開することを控え、経済的優先よりも多くの命を与えると発表しました。 取り扱われていません。

しかし、これらの失敗にもかかわらず、トランプ大統領の承認率はゆっくりと上昇しています。 最新の世論調査(4月10日、フォックスニュース)によると、バイデン対トランプの承認率は42から42です。9日以前は、バイデン氏によるリードが多かったのですが、それでも差は約3から11%で、大きな違いはバイデンさんではありません。

考えられる理由の1つは、ウイルスの混乱のために、毎日記者会見を開いてテレビに出演しているトランプ大統領よりも、バイデンがバイデン氏に声をかける機会が少ないことです。 人々は必然的に視聴者を信頼し、毎日言葉を聞く傾向があります。

おすすめの記事