コロナウイルス感染の危機を回避するために乗組員の緊急避難を直接訴える

コロナウイルスを回避するために乗組員の緊急避難を直接訴えたため、米国第7艦隊の原子力空母の船長が直ちに解雇されたという問題について、米国議会だけでなく乗組員の家族や軍関係者からの多くの反論感染の危機。 批判が殺到し、トランプ大統領自身がついに海軍省のトップが講じた措置の妥当性を直接判断し始めた。

問題は3月31日、グアムに停泊している空母「セオドア・ルーズベルト」の船長であるブレット・クロニクル大尉が、コロナウイルス感染が船内に広がっているという憂慮すべき状況を上司に説明したときに始まりました。 また、「乗組員の安全を確保するために避難したい」と直接訴え、サンフランシスコ・クロニクルはこれを特別報告として報告した。

翌4月1日、米国の主要なテレビや新聞が大規模なフォローアップを行い、ワシントンの国防総省は対策に関する問い合わせで殺到しました。 その後、2日、海軍長官代理のトーマス・モドリーが、現場からの状況を聞かずに、突然「クロシア大尉は直ちに解雇された」と衝撃的な発表をした。

しかし、船長の直接の苦情の前後に船内に残された乗組員のうち、(1)すでに150〜200人近くが感染している(2)そのまま着陸・緊急避難が許されない場合は船内危機的な状況になります。 窮状を訴える匿名の報告が次々と寄せられたが、「解雇」命令を受けた船長は、孤独にショルダーバッグを背負って橋を渡り、埠頭に登り、乗用車で出港し、1000人が船の岸に集まった。 近くの乗組員が「ヒーロー」と別れたことを後悔している様子で何度も「キャプテンクロシア」の名前を応援したシーンのYouTubeビデオ以来のペンタゴンの措置に対する批判とキャプテンクロシアへの共感結果は、理論が一度。

これまでにオンラインで投稿されたTwitterの投稿には次のものがあります。

「トランプは彼の無能さを暴露した海軍長官代理を解雇すべきである。クロシア大尉は直接の苦情を通じて多くの乗組員の命を救った。」

「トランプは現在、多くの人が船長の解任に異議を唱え始めていることを知って、責任を海軍長官に移そうとしている。クロシア大佐は正しい行動をとった。海軍はすぐに行動しようとしている。それはしなかった。命の危険にさらされている乗組員。」

「私はYouTubeビデオを見ましたが、海軍の指導部はこの問題の重要性を誤解していました。彼らは船内の居住空間がウイルスに感染するのがどれほど危険かを知りません。船長は乗組員のモデルヒーローでした。」

「大佐!乗組員の世話をしてくれてありがとう。私はあなたを称賛します。」

ネイビータイムズ紙の最近の号はまた、彼女の息子がセオドア・ルーズベルトの乗組員の一人であると言ったフロリダの学校教師の母親との電話インタビューを特集しました。

「匿名で私の息子は上級管理職によって扱われるかもしれないので」彼は次のように不平を言った:

「昨日彼と話をした。ついに島のホテルの部屋に着陸し、検疫して休むことができるようになった。彼の居住区には約250人が乗船しており、そのうちの1人はウイルス検査で陽性だったと彼は言った。 。これを知ってびっくりしました。国が封鎖されているのに、船内に検疫がないことに腹を立てました。そして、信頼の高い船長を解任した息子を許せません。 。」

一方、米軍当局者は、退役軍人の要請により、「クロシア大尉の復職」を求めるオンライン請願を開始した。 ネイビータイムズのレポートによると、ここ数日でサポーターの数が急増し、5日現在で285,784の署名がすでに収集されています。

おすすめの記事