スマートフォンなどのビデオ通話機能を利用したオンライン医療への関心高まる

病院での新しいコロナウイルスの二次感染を防ぐために、スマートフォンなどのビデオ通話機能を利用したオンライン医療への関心が高まっています。

政府は規制緩和推進協議会を中心にオンライン医療の規制緩和を検討しているが、日本医師会や厚生労働省は引き続き規制緩和に慎重であり、規制緩和は容易に進まなかった。 しかし、新しいコロナの感染を防ぐ勢いはさらに高まり、4月7日、政府は新しいコロナの感染まで期間限定の措置として禁止されたことのない初めての患者にオンライン医療を提供しました。解決されました。 正式に承認され、4月13日に開始されました。

これによりオンライン医療が広く利用できるようになると考える人もいますが、実際の状況をよく見ると、まだまだ普及には多くの障壁があります。

まず、現在、オンライン医療を提供する体制を整えている医療機関はほとんどありません。 2018年3月に「オンライン医療ガイドライン」が制定され、翌年4月から保険が適用されることから、オンライン医療の普及が期待されていました。 ただし、オンライン医療費を計算するためには、同じ医師が6ヶ月間毎月対面治療を行ってからオンライン治療を行う必要があり、対象疾患は生活習慣病に限定されます。 行われるなど、厳しい使用制限があります。

その結果、保険適用から3か月後の2018年7月現在、厚生労働省の調査によると、オンライン医療の施設基準が通知されたのは約1,000医療機関のみであり、全国の医療機関のわずか1%。 私は会いませんでした。

さまざまな使用制限の中で、オンライン医療の普及における大きなボトルネックの1つは報酬システムであり、これにより医療機関はインセンティブを感じることが困難になっています。 オンライン医療費は、対面医療の場合と比較して約半分に削減されます。

また、本年2月28日、厚生労働省は、すでに慢性疾患と診断されている定期健診患者の対象となるなど、オンライン医療の対象疾患を拡大するための特別措置を発表しました。保険。 、報酬は「電話等の再審査料」として設定されました。 これは、オンライン医療費とは異なる報酬制度です。 報酬は、対面医療の約20%に過ぎないオンライン医療費よりもさらに低くなっています。

「オンライン医療は患者にとっては安いかもしれないが、医療機関が管理するのは難しい」と東京でオンライン医療を提供するクリニックのディレクターは言った。

おすすめの記事