North Korea

コロナウイルスが広まるにつれ、北朝鮮の独裁者の深刻な病気の理論が広まった。 朝鮮労働党の金正恩委員長は、心臓血管外科手術を受けて深刻な状態に陥ったと言われている。 彼がコロナから逃げて田舎に滞在しているという見方もあり、情報は混乱しているようで、真実は茂みの中にあります。

日本、米国、韓国はこの状況に細心の注意を払っているが、深刻な病気の理論が真実であるならば、問題は深刻であり、「ワシントンと平壌の雪解け」が原因で後退すると分析されている。昨年以来の米朝対話の中断。 有る。

US CNN TVが深刻な理論を情報関係者の話として報道したのは、4月20日でした。 また、精度は高いものの、状態の評価は難しいとのことでした。

毎年4月15日、祖父の故金日成大統領の生誕​​記念日である金正恩は、彼の体が祀られている渡部山宮殿を訪れますが、そうではありません。 4月11日以降、動きは確認されていません。

金正恩は4月12日、平安北道妙香山にある金家専用病院で手術を受けたとされる。 平壌の金萬有病院の外科医が手術を受け、大韓赤十字総合病院と平壌医科大学病院の医師も動員された。 進捗は順調で、医師たちは何人かを残して平壌に戻った。

現在36歳のキムさんは、昨年8月からたばこ、肥満、過労などで体調不良になっている。 デイリーNKによると、手術が行われた12日、平壌でヘリコプターが離陸し、キムの車が目撃された。

状態については、「デイリーNK」とCNNとの間に食い違いがあるが、ドナルド・トランプ米大統領は21日の記者会見で、「誰も確認していない。状態が(CNNで)報告された通りであれば、回復するだろう」と述べた。 「私はそれを祈る」と彼は慎重な見方で言った。「私たちはとても良い関係を持っている。」大統領は23日、彼自身に厳しい記者会見をしたテレビ局を襲った。古い材料に。」

ハイテン統合参謀本部副議長も22日、「(深刻な病気の理論)を否定または肯定する資料はない」と述べ、「核兵器を含む北朝鮮の軍事力は統制されている」と述べた。 。」

韓国政府は一貫して慎重な見方をしています。 青瓦台のスポークスマンは21日、北朝鮮内に特別な運動はないと発表した。 聯合ニュースはまた、大統領官邸の高官が「私は側近と一緒に田舎に滞在している。彼らは正常に働いているようだ」と述べたと報じた。

産経新聞は23日、「コロナウイルス感染を防ぐため、人口密度の高い平壌を離れ、本山東部にとどまる」と述べた。

北朝鮮はコロナウイルスが国内で蔓延していることを否定しているが、米国の北朝鮮の専門家は流行の兆候を示しており、平壌の国連当局者の一人がそれを宣言した。 自分にはできないことに感染している疑いがあると言われています。

多くの人々は、深刻な病気の理論は信頼できると考えています。 2016年に韓国に亡命した太永浩(テ・ヨンホ)北朝鮮の英国大臣は、「北朝鮮は、指導者の健康についての憶測がなされた場合、数日以内に何か(キャンセル)される」と述べた。彼は行動を起こしました。彼がそれを見なかったのは前例のないことです。」彼は健康の変化が否定できないかもしれないと指摘しました。

4月22日、北朝鮮の国営朝鮮中央通信は、金日成の誕生記念日に、金日成議長がシリアのアサド大統領に電報を送ったと報じた。 深刻な病気の理論の報告以来、それは北朝鮮の主要な動きでしたが、その存在を証明するのに十分ではありません。

朝鮮中央通信がジンバブエ大統領に独立40周年の電報を送り、17日からキューバの指導者に電報を送ったため、米国の専門家が国民の関心を引く可能性は低い。 同氏は、ニュースが放送されていることを念頭に置き、「金氏が地方にいる場合は、地元の指導を受けたことを伝えなければならない」と指摘する。

北朝鮮と緊密な関係にある中国の耿爽外務省長官は、21日の定例記者会見で、「ニュースを見たが、情報源は不明だ」とコメントした。

おすすめの記事