新しいコロナウイルス感染の蔓延により、不必要で緊急でない外出やイベントを控えるように要請

政府は、新たなコロナウイルス感染の拡大による不必要かつ緊急でない外出とイベントの延期/キャンセルを促す「緊急宣言」を発表しました。 日本での新しいコロナウイルスの最初の感染が確認されてから約3ヶ月でした。

非常事態宣言は、2009年のインフルエンザの流行に対応して2013年に施行された「新型インフルエンザ対策特別法(以下、特別措置法)」(本年3月改正)に基づくものです。 。 この宣言により、地方自治体を通じたイベントのキャンセル、外出の禁止の要請、医療施設を確保するための土地や建物の収用が可能になりました。

非常事態宣言を発令する前に、知事の要請レベルの「自制の要請」が繰り返され、政府は責任を取る姿勢を明確に示していなかった。 なぜ法に基づく権限を行使し、人々に彼らの行動を変えるように促すことができなかったのですか?

「危機管理の鉄壁のルールは、 『三振しても見逃さないでください』です。 当初から強力な危機管理策を講じることができなかった」と述べ、危機対応を専門とする日本大学の危機管理を担当している。 学部の福田満教授が指摘する。

「新インフルエンザ特別措置法は、法的に外出制限や行事の中止を要求し、いわば伝説の家族の宝剣である私的権利を制限することができる非常に強力な法律です。これは、野党、マスコミ、社会からの批判が多く、感染症対策が遅れるリスクがあった」と述べ、大規模な社会統制を実施することで経済停滞を回避したようだ。最初の動き。

最初の動きでは、私は専門家をうまく活用することができませんでした。 「コロナウイルス感染症対策専門家会議」は、新しいコロナウイルスの発生に対応して、2月16日に政府によって開始されました。 国立感染症研究所所長の脇田隆字会長と地域医療機能推進機構の尾身茂副会長がそれぞれの専門分野から対策を講じた。

しかし、この会議のメンバーの専門分野を見ると、それらのほとんどは感染症です。 「感染症の専門家は、ウイルス、感染予防、治療に精通しているが、関連法の制定と改正はもちろん、地方自治体、企業、学校がどのように対応すべきかについての社会政策に精通していない。社会科学の知識が必要だ」と強調する福田教授。

実際、安倍晋三首相が学校閉鎖措置を発表したとき、専門家会議ではその点についての議論はなかったと、東京大学医科学研究所の公共政策研究の武藤香織教授は述べた。 報告されています。 対策を講じるには、医学、公衆衛生、公共政策の分野の専門家をバランスよく配置する必要がありました。

政府が巡視している間、北海道の鈴木直道知事は2月28日、週末の外出を控えるよう住民に「緊急宣言」を行った。 法的根拠はないとの指摘もあるが、内閣法制局長兼最高裁判所裁判官を務めた山本庸幸氏は、「最終的な保健官は都道府県知事だ。地方分権化の本来の目的に沿った望ましい動き」「感染症に対する行政対応の地方分権化が進められており、感染症対策法では、県知事が感染症の雇用と建物へのアクセスを制限する実施機関であると規定されている。患者。

おすすめの記事