North Korea

新しいコロナウイルスは世界中に広がっていますが、北朝鮮は一貫して国営メディアを通じてウイルスが「我が国に侵入していない」と主張しています。 しかし、世界中に蔓延している状況で感染者がいないとは信じがたい。 実際はどうですか? 国営の北朝鮮メディアからの報道を通じて、北朝鮮が新しいコロナにどのように直面しているかを知りたい。

北朝鮮はこの状況を非常に深刻に受け止めており、国営メディアは、エピデミック防止プロジェクトについて「国の存続に関連する」という過激な表現さえ使用している。 北朝鮮は1月22日に外国人の入国を完全に禁止したが、これは他の国よりもはるかに早かった。 北朝鮮制度のおかげで可能でしたが、危機管理の観点からのみ言えばいいのではないでしょうか。

2003年の重症急性呼吸器症候群(SARS)、2014年のエボラ出血熱、および2015年の中東呼吸器症候群(MERS)の流行でも同様の対策が講じられましたが、今回はさらに厳しくなります。 2月以降、外国人380人を含む約1万人が40日間隔離されたと発表された。

武漢の始まりのニュースから毎日悟り、「鎖国」を世界に先駆けて

朝鮮中央テレビは1月21日午後8時に、武漢市で新しいタイプの肺炎が発生し、死亡したと報じた。 北朝鮮当局は、感染を防ぐための全国的な取り組みについて世界保健機関(WHO)と協力していると報告しています。 中国の専門家は人から人への感染を確認したと述べ、習近平胡錦濤が感染の「重要な指示」を出した翌日のことは抑制された。 感染者が発生したとの記事が日本で発表された1月24日以来、労働新聞が「コロナ」について言及しなかった日はなく、中国などの近隣諸国における感染状況と対策の詳細はまた利用できます。 報告に来ました。 WHOの発表もそのまま報告されており、これまでにない客観的な報道は素晴らしい。

朝鮮中央通信は1月26日、武漢を訪れた1人が24日に韓国で感染していることが確認され、4人が発熱と咳の症状を示して検疫されたと発表した。 韓国)は新しいコロナウイルスに感染しており、懸念が高まっています。 「これは韓国で発見された2番目の感染例でした。

2月1日「労働新聞」は「新たなコロナウイルス感染を防ぐ事業を展開しよう」という社説を発行した。 「私たちは、新しいコロナウイルスが国境、地面、海、空気を含むすべての空間に侵入することを可能にする通路を先制的かつ完全に遮断しなければなりません」と彼は言いました。 「咳やくしゃみをするときは常にハンカチや手で口や鼻を覆い、外出するときはマスクを着用する習慣をつけ、頻繁に手を洗う」ことを一般の人々に呼びかけ、医療専門家に十分に知らせます。感染者を見つける。 隔離を要求されました。

2月初旬までに、中国とロシアへの国際列車と航空便が停止された。 他国へのルートがないため、一時的ではありますが事実上隔離された状態にあります。 また、北朝鮮内でも、出張や中国との国境近くへの旅行を制限し、外国人との接触を「完全に阻止」するよう指示された。 共同通信によると、平壌に駐留している外交官は、居住地を離れることを禁じられており、北朝鮮外務省への外交文書を渡す代わりに、指定された箱に入れなければならなかった。

共同通信は1月31日の平壌の記事で、「若い女性と子供たちは、北京や東京に比べると少ないが、マスクを着用していた」と報じた。 労働新聞はまた、2月5日に、世界中の衣料品工場で機器を完全に稼働させることにより、毎日何万ものマスクが製造されていると報告しました。 新聞は22日、マスクの着用がすでに義務付けられていることを明らかにした。 北朝鮮のメディアによると、マスクを着用することは「例外を作ることは絶対に不可能です」。 マスクを持っていないのは金正恩だけだった。

おすすめの記事