在韓米軍基地で働く9,000人の韓国人の半数が無期限に休暇

在韓米軍司令官エイブラムスは今月1日、在韓米軍基地で働く9,000人の韓国人の半数が無期限に休暇を取ると発表した。 今月から、彼らは無給で家にいるでしょう。

これは、在韓米軍の駐留費用に関する在韓米軍特別措置協定が昨年末に失効したために起こった。 在韓米軍に様々な安全保障と生活サービスを提供する韓国人職員の賃金は合意に基づいているが、有効期限の3ヶ月後、それをカバーするための緊急準備金は底を打ち始めている。 その結果、在韓米軍基地で働く韓国人に支払うお金がなく、在韓米軍エイブラムスの司令官は、基地で働く韓国人の約半分を無給休暇で取った。 韓国の労働者の無給休暇は、米国と韓国が新しいシェアに合意するまで続きます。 米国側は現在の韓国側の約5倍の負担を要求しているため、新たな合意を目指す米韓交渉は困難であった。

米国は米韓同盟の意味をどのように認識しているか、韓国が米国の要求に応えない場合はどうするか、米軍基地の機能を維持するためにこの規模で韓国人労働者が必要かどうか。 問題について考える必要があります。 しかし、4月4日付けの経済学者の記事「米軍基地の韓国人は一時解雇された」によると、歴代の米大統領は、米韓同盟を世界と米国のアジアの平和を維持するための主要な米国戦略にした。 トランプ氏は、同盟を米軍の不可欠な部分であり、戦略的な必要性ではなく、外国にとって高額な恩恵であると考えているため、米軍の駐留費用に関する米韓交渉は毎年緊迫している。 の儀式です。 もしそうなら、この交渉を結論付けるのは難しいかもしれません。

韓国は4月15日に総選挙を行うが、選挙後、お互いに柔軟性を発揮し、交渉を終えることが望ましい。 選挙の結果によっては交渉が難しい場合があります。 しかし、韓国の基地労働者の無給休暇が在韓米軍の機能を著しく妨げるとは言えない。

在日米軍にとっては、いわゆる思いやりのある予算の基礎となる日米特別協定が来年3月まで有効となる。 日本は韓国と同じ要求を受けるリスクがあるが、日米協定が切れる前に米国大統領選挙が行われる。 トランプが再選されない場合、このリクエストは主にトランプの同盟を無視するという考えによるものであるため、リクエスト自体が消える可能性があります。 したがって、大統領選挙の結果が最初に決定されます。

トランプ再選の際に日本が韓国の負担を増やすよう要請された場合、それは拒否される可能性があります。 自衛隊は日本で米軍を保護しており、米軍の運用コストはそれによって相殺されていると言えます(米国は韓国にグアムからの戦闘機派遣のコストを分担するよう要請したと言われています)。 そうですね。 また、米国からの武器購入の増加と米軍作戦で発言する権利が貿易の要因となるでしょう。 同盟国として、米国の厳しい予算状況を考慮しながら、真剣に議論する必要があります。 先の米韓交渉の結果も参考になるだろう。 米軍基地の日本人従業員の中には、機能を損なうことなく組織できる人もいるようです。

おすすめの記事