ずさんな日本のコロナウイルス対応

クルーズ船「ダイヤモンドプリンセス」は、日本の新しいコロナウイルス対応セレクションのシンボルになりました。 日本政府の明確なガイドラインや方針は未定ですが、船内の惨めさは外国人顧客のSNSを通じて世界中に広がっています。 日本が感染症の発生源であるかのようなニュースが世界中に広まり、日本は困難な立場に置かれました。

船内の写真が編集部に持ち込まれました。 それは、政府の対応の混乱と、同時に統一されなかった指揮システムの混乱を反映していた。

1枚の写真では、次のポスターが2つのドアに貼られていました。 1つは「クリーンルート」で、もう1つは「ダーティルート」です。 つまり、便宜上、感染の疑いのある人とそうでない人を呼んだが、開いたドアは同じ部屋につながっていて、ドアを分けても意味がなかった。

別の写真では、防護服を着て働く自衛隊のメンバーとは対照的に、スーツを着て手袋を着用せずに働く厚生労働省のスタッフが示されていました。 自衛隊からの感染者はいなかったが、厚生労働省の職員から感染者が生まれた。 それは当然のことです。

そもそも、発生源である「HOT」は、「WARM」と呼ばれる軽度の感染領域と「COLD」の外縁を持つ非感染領域に分けられ、対策本部は「」から最も多いホット”。 遠方で感染症対策をとることは常識です。 これは、対策本部自体が感染症との闘いに忙しく、落ち着いた決断ができず、客観的な視点も持てないためです。

しかし、ダイヤモンドプリンセスの対策を指揮した厚生労働省は、そのような考えを持っていませんでした。 対応本部は船内にありました。

なぜそれはそんなにずさんで遅い反応になったのですか?

参議院議員の佐藤正久氏はすぐに返答した。 2004年の自衛隊派遣の前衛隊長を務めた佐藤氏は「口ひげの隊長」として知られているが、顔も違う。 彼は化学、生物学、核兵器からの攻撃からの保護を担当する化学部門のメンバーです。

エボラ出血熱は2014年に西アフリカとギニアで発生し、約2年間西アフリカ諸国でパンデミックが発生しました。 急性ウイルス感染症の1つです。 感染後に治療開始が遅れた場合、致死率は80%以上に達しました。 約2年間で11,000人以上が死亡しました。

その間、佐藤さんは現場に行き、この感染症の恐ろしさを体験し、医療現場を詳しく調べました。

佐藤氏は、クルーズ船内の指揮系統の選定や対策本部の設置など、安全保障の観点から適切な対策を講じることができたと語った。 そのアイデアの基本は、いわゆる「CBRN(シーバーン)」です。 「化学」、「生物」、「放射性物質」、「核」はそれぞれの頭字語です。

おすすめの記事