北朝鮮が2019年12月8日と14日にミサイルエンジンテストを実施

北朝鮮は2019年12月8日と14日にミサイルエンジンテストを実施しました。2番目の実験は北朝鮮北東部の東昌里の発射場で実施されました。 東倉里は、2017年3月に北朝鮮がICBM(大陸間弾道ミサイル)のエンジンテストを実施した場所であり、2018年6月にシンガポールで開催された米朝首脳会談で、トランプ大統領は金正恩に贈った。 議長が非核化の第一歩として解体することを約束した施設であるため、これは重要です。

12月のテストは、米国との交渉の欠如に対する北朝鮮の欲求不満を示しているように見えるが、米国を交渉に持ち込むこと、そして北朝鮮のミサイル能力は、動揺を超えている。 それは、私たちが改善に真剣に取り組んでいることの表れと見ることができます。

金正恩は一方的に2019年12月31日を交渉の期限として設定し、米国が制裁緩和を含むさらなる譲歩で交渉のテーブルに戻らない限り、それまでに武器のテストを再開すると述べた。 ..交渉を再開するために、ビーガン国務長官の米国特別代表は交渉を再開しようとしたが、北朝鮮側に連絡できなかったようだ。

そもそも原因は、非核化に関する米国と北朝鮮の基本的な立場の違いだ。 米国は当初、北朝鮮に完全で検証可能で不可逆的な非核化を求めていた。 それに応えて、北朝鮮は朝鮮半島の非核化と制裁の解除を主張した。 2018年にシンガポールで開催された米朝首脳会談で、トランプ大統領は米国の非核化の基本を明確に主張せず、非核化についての米朝の憶測に違いを残しました。 になりました。

このように、北朝鮮と米国の交渉の立場には大きなギャップがあり、交渉再開の条件が整っていないと言えます。 このような状況で交渉が再開されたとしても、実質的な進展は期待できません。 これを見越して、北朝鮮は12月にミサイル実験を開始したとみられている。

2019年12月の2回の実験は、ICBMエンジン技術の向上に関連していると言われており、北朝鮮がICBM技術の習得を目指していることを示唆している。

結局、2019年12月31日までに米国と北朝鮮の交渉が再開されなかったため、北朝鮮はICBMを実験する可能性が高いと言えます。 それが起こったとき、トランプ大統領は沈黙しません。 トランプ氏は、北朝鮮のICBMは米国に脅威を与え、許すことはできないと述べた。 トランプ氏はすでに、大統領選挙が行われる今年も米朝関係が危機に瀕する恐れを排除できないと考えているようで、北朝鮮が大統領選挙に介入すべきではないとツイートした。 ..

北朝鮮がICBM実験を再開することを決定した場合、それは米朝首脳会談の結果を誇示したトランプ大統領を傷つけるだけでなく、米朝関係を再び強化するだろう。 2020年は朝鮮半島をめぐる東アジアの状況が再び大きく動く年かもしれない。

日本にとって、北朝鮮を取り巻く状況は決して好ましいものではありません。 北朝鮮を非核化せずにミサイル能力を向上させることは、米国よりも日本に大きな脅威をもたらす。 北朝鮮はまた、日本が非常に重視している拉致問題を解決するための交渉の水準を引き上げる可能性がある。 日米同盟に基づき、国連安保理決議に違反し続けている北朝鮮は、多くの国と協力せざるを得ないだろう。

おすすめの記事