新しいコロナウイルスの蔓延に伴い、米国大統領選挙の集会不可能に。

新しいコロナウイルスの蔓延に伴い、米国大統領選挙の集会は通常どおり不可能になりました。 このような状況下、民主党の候補者はバイデン前副大統領に決定され、現職の共和党大統領ドナルド・トランプと競争することが決定された。 11月の投票と来年1月の大統領就任式を視野に入れて、すでに政策提案が始まっている。

たとえば、4月13日のアトランティック誌では、元民主党の東アジア太平洋国務次官補とブルッキングス研究所のシニアフェローであるトーマス・ライトが大統領選挙に勝利した場合、信頼関係を非常に再構築することになります。困難な政治情勢の下で大統領が就任する中、政府と国民の間で、米国経済の活性化、国際社会の動員とリーダーシップの発揮、そして中国を念頭に置いたアジア中心の外交政策。 それは処方の必要性を指摘しています。

キャンベルは民主党の下でアジアの政策に深く関わっており、日本の専門家ではないが、米国の対日政策に精通している。 現在、アジア市場をターゲットにした投資関連会社の会長兼最高経営責任者であり、アジア情勢に精通している。 ライトは主にヨーロッパの国際問題の専門家ですが、国際会議で日本を含むアジアを訪問しました。 上記の寄稿では、キャンベルとライトはトランプを見越してアジアの政策について意見を交換し、ライトは共同でアトランティック誌に寄稿しました。 バイデンが民主党の事実上の大統領候補に指名された直後、彼はバイデンが勝った場合に取り組まなければならない課題を指摘し、彼の存在を訴えた。

キャンベルとライトは、政府と国民の信頼関係を再構築し、米国経済を活性化し、国際社会を動員し、リーダーシップを発揮し、中国を念頭に置いてアジア中心の外交政策に移行することは正当であると指摘した。 しかし、日本の観点からは、中国を念頭に置いたアジア中心の外交政策への移行が最も重要であることは否定できない。 問題はその内容です。 クリントン政権とオバマ政権は、中国の歴史的台頭を背景に、中国に安全保障上の警告を発する一方で、経済的期待と調和した姿勢をとっている。 行われました。 キャンベルの主なテーマは、オバマ政権の第一段階における中国に対する「戦略的安心」であり、その結果、彼は、アジアにおける中国の領土的野心を認めたスタインバーグ元国務副長官と友達になった。 ある。

中国に触れている部分は「戦略的安心」を彷彿とさせますが、バイデンでのアジアの政策立案者の選択と具体的な議論に注目したいと思います。 キャンベルとライトは彼の論文の中で、外交政策は中東からアジアへのものであると述べている。これはオバマ政権がオバマとトランプの両方の「アジアへの帰還」ですでに述べている。 政権を通じて、米国は中東とアフガニスタンから軍隊を撤退させました。 その意味で、それは新しいことではありません。

クリントン政権とオバマ政権は、アジア最大の同盟国である日本からの距離を感じる機会がなかったとは言えない。 日米同盟を含め、鳩山政権が外交政策に迷うなどの問題もあったことは否めない。 しかし、本稿では、中国を中心としたアジア政策への移行を提案する日米同盟については言及していない。 事実とは異なりますが、民主党に所属するアジアの政策立案者の間では、バイデンが選出されれば政権に入ると予想される中堅国民を含め、「日本は共和党に近い」という固定観念が定着している。 。 ing。 さらに、シンガポールと韓国は民主的なアジアの政策立案者と積極的に接触しています。 もちろん、それは行われるべきですが、今、私たちはバイデン政権の誕生の可能性に備える必要があります。

同時に、この記事では、新しいコロナウイルスへの対応方法の例として台湾、韓国、ニュージーランド、ドイツを挙げていますが、世界は各国がどのように対処しているかを見ています。 日本が信頼できる同盟国であり続けるためには、日本の安全保障への責任と関与も重要です。

おすすめの記事