hospital

新しいコロナウイルスによる感染の拡大に伴い、「医療の崩壊」への懸念が高まっています。 しかし、苦しんでいるのは感染症対策の「最前線」であるだけでなく、政府が推進する在宅で包括的な地域医療サイトもタイトになり始めています。 現在の懸念は感染症対策病院の機能維持であるが、総合的な地域医療システムが強化されている地域でも医療の制限が垣間見られる。

「総合医療・かかりつけ医のリーダー」としても知られる葛西達樹教授が所属する福島県立医科大学。 大学病院と連携し、県内の総合病院・診療所7校と連携し、「プライマリヘルスケアスペシャリスト」とも呼ばれる一般開業医やかかりつけ医の充実に取り組んでいます。

「現在、大学病院は地域医療の最後の砦であり、新しいコロナウイルスに対する対策が昼夜を問わず実施されています。新しいコロナを持っている、または持っている疑いのある患者のために、通常より多くの医師とスタッフがいます。、病院設備やスペースを確保する必要があるため、他の病気の人は、症状が比較的軽度の場合は見ないように機能を強化する対策を講じています。 葛西さんが現在の医療制度についてお話を伺います。

大学が協力している総合病院や診療所では、感染が疑われる患者と他の患者の動線が絡まないようにゾーンを分割しています。 「建物に入る前に症状を記入してもらい、新しいコロナが疑われる場合は、患者を車の中で待たせ、個人用保護具を着用した医師が駐車場に行き、車の外から見守っていた。詳細な面接を行い、その結果に応じてゾーンごとに治療を進めていきます。」

このように、新しいコロナ対策に多くの医療資源(人員、時間、費用)を費やしながら、一般開業医やかかりつけ医は、他の理由で状態が安定している患者に対して、電話またはオンラインで可能な限り医療を提供します。病気。 処方箋を差し上げます。 「診断の範囲と私たちにできることは限られています」と葛西は言います。 しかし、「一般開業医やかかりつけ医の強みは、患者さんを診察し続けることです。病気だけでなく、家族や仕事など一生の観点からも問題に焦点を当てています。小さな変化でも見落とさないように安全な医療を確保するための私たちの蓄積された経験。」

在宅医療の分野も影響を受けます。 千葉県南房総市で地域医療を展開している亀田総合病院グループの在宅医療を担当する、亀田家族クリニック館山市岩間秀幸氏は、「医師は電話で事前に質問して短縮する在宅時間と滞在回数を最小限に抑えます。」「在宅医療を選択した患者さんは、新しいコロナに感染すると致命傷を負います。しかし、医療への依存度が高いため、定期医療ケアは不可欠だ」と語った。

おすすめの記事