コロナ危機以来、支持率の低迷に苦しむトランプ大統領

トランプ大統領はコロナ危機以来、支持率の低迷に苦しんでいますが、11月の大統領選挙に勝つチャンスは何ですか? だから最近、トランプ陣営の復活の2つの「奇妙なトリック」についての噂がワシントンの政治にありました。

コロナウイルス感染危​​機の前例のない「戦時体制」とは対照的に、ヨーロッパの指導者たちは、自分たちを「戦時大統領」と呼び、毎日白人と呼んで、70〜80%の範囲の承認率を維持しています。 ハウスブリーフィングで精力的に取り組んできたトランプ氏だけが支持率が40%と低く、評価がまったく上がらなかった日々が続いている。

世論調査員「モーニングコンサルト」は最近、11月の大統領選挙(5 / 2-5 / 3実施)でトランプ氏またはバイデン民主党の候補者を支持するかどうかを登録有権者に尋ねた。報告書によると、「トランプ支持」は46%でした。 、「バイデン支持」は53%でしたが、トランプ氏の劣等性を浮き彫りにしました。

同様に、「ラスムセン」調査(4月29日から5月3日まで実施)では、「トランプ支持」が44%、「ビデン支持」が53%であり、バイデン氏の優位性はここでも変わらなかった。

しかし、トランプ氏にとって最も衝撃的だったのは、トランプ再選委員会と共和党全国委員会(RNC)による最近の個別の私的世論調査でした。

CNN TVとワシントンポスト紙の報道によると、有権者はミシガン州、ウィスコンシン州、ペンシルベニア州を含む17州に焦点を当て、トランプ氏は「狂気」を演じて最後の大統領選挙に勝利した。 調査の結果、どちらもバイデン氏によってかなりの差で排水されたことがわかりました。

選挙の責任者であり、これらの結果を真剣に受け止めたNRCのロナ・マクドネル会長であるブラッド・パースカーは、先月22日、ホワイトハウスで大統領と数人の補佐官と良い対策と悪い対策について話し合った。 彼は「彼を信用できない」「バイデンに負けることはできない」と怒っていると述べ、さらにはパースカー選挙の大統領に対する「告発」の姿勢を示唆した。

一方、感染者数は、死者数に続いて世界最悪のコロナウイルス危機が発生し、欧州諸国と比較して収斂の兆しはほとんど見られず、経済活動の具体的な見通しも立たない。再開しました。 今年のGDPは前例のない失業率と2桁のマイナス成長が見込まれており、「トランプ再選」の将来は非常に厳しいものになることは避けられません。

そのため、最近、トランプ陣営の「貧困対策」として話題になっているのは、(1)「投票者の抑圧」と(2)大統領選挙の選挙日の延期である。

第一に、「投票抑制」とは、その名のとおり、広義の「組織的な選挙妨害戦術」を意味し、ライバル党の支持者は投票所にできるだけ行けず、合法・違法な手段で困難を実行するシステムと環境。 すること。 1960年代以降、主に米国で、共和党が黒人、ヒスパニック、その他の有色人種、および市民権運動の台頭とともに多くの民主党支持者を抱える女性の間の政治参加を抑制するために開発したさまざまな方法を指します。 。 しばしば。

具体的には、これまで、州によっては、共和党知事の権限(米国の50州のうち26州)が投票時間を短縮し、有権者に運転免許証の提示を要求し、投票所の数を減らしていました。開かれ、事前登録された有権者。 制度の強化などの措置が講じられ、その結果、民主的な支持者が多い日常労働者、車を所有していない学生や低所得者、過疎地域の住民、ベビーシッター、ホテルのメイドなどが行くことができます。投票所。 消えるケースが多かったです。

これらに加えて、今年の大統領選挙で注目を集め始めたのは、「郵送による投票」をめぐる民主共和党間の激しい議論である。 特に、コロナウイルス危機の影響により、各州では、発生を抑えるために、投票所にできるだけ行くのではなく、郵送による事前投票に焦点を当てる動きが高まっています。

共和党はこれに激しく反対している。 これまでの大統領選挙の結果を分析すると、各州の投票率が低いほど、共和党の優位性が明確になります。

トランプ大統領自身、特に先月以来、ツイッターを通じて、「郵便投票は、投票所を訪れて候補者を選ぶ市民の真の民主主義に反する」と述べている。 「投票の過程で詐欺のリスクが高まります。」 そのため、彼は郵便投票によって繰り返し攻撃してきました。

さらに、トランプ政権では、郵便投票の機会を極力減らすための対策として、赤字を続けている米国郵政公社が倒産を余儀なくされ、郵便労働者と配達員が集まった。 11月3日の投票日頃に配信されました。作業を困難にするシナリオも議論されていると言われています。

実際、大統領は昨年4月のコロナウイルス危機に関連して「緊急財政援助法」に署名したとき、郵便局に100億ドルの「ローン」を与えたが、助成金から除外した。 した。 このため、同社を統括する米下院「郵便局小委員会」の小委員会委員長であるキャロライン・マローニー(民主主義)は、「債務ではなく、企業を支援するための財政支援が急務である。その月の運営資金の枯渇という深刻な状況。」

また、「期日前財政支援法」には、大統領選挙に備えて、選挙日(11月3日)から「15日」後の郵便投票を含む事前投票のための予備資金の各州への分配が含まれています。 しかし、下院と上院の両方の多くの共和党員はこれに反対し、条項を削除するために動いた。

もう一つのうわさは、混乱を引き起こしたコロナウイルス危機のために大統領選挙自体が延期されたことです。

就任以来「良い経済」を売り続けてきたトランプ大統領は、コロナウイルス危機の終結後、できるだけ早く大胆な経済復興計画を打ち出し、国民の気分を変えて大統領選挙に参加したいと考えている。 しかし、そのための残り時間は限られており、焦りの色を隠すことはできません。 5月でも、大統領がホワイトハウスのブリーフィングで「経済を早急に再開する必要がある」と繰り返し主張したことは、その兆候だ。

おすすめの記事