日本のスポーツレベルは欧米に比べて低くなっています。

スポーツビジネスが世界で最も発展している米国では、あらゆる種類のスポーツが専門化されています。 この背後には、アメリカ人がスポーツを好む国民性があります。 それに比べると、日本市場はまだ小さいですが、逆に「宝の山」があります。

スポーツには「やる」「見る」「応援」の3つの要素がありますが、日本のレベルは欧米に比べて低くなっています。 東京オリンピック・パラリンピックでスポーツを「遊ぶ」「見る」「応援する」人が増えれば、日本のスポーツ界は今後も成長していくと思います。

特に「見る」人が増えると、プロスポーツへの道が開かれます。 これは、プロスポーツの主な収入源が「入場料」「スポンサー」「商品販売」「放映権料」であるためですが、最も重要なのは観客を動員できるかどうかです。 観客の少ないスポーツには、放映権料もスポンサー収入も含まれません。 さらに、クラブがホームゲームの80%を開催できるスタジアムとアリーナを確保します。 究極の理想は、施設を所有し、飲食や商品の販売など、統合された方法で施設を管理することです。

Jリーグの平均来場者数は2019年シーズンで初めて2万人を超えました。 1993年の開始時は10チームで、1試合あたりの平均来場者数は18,000人を超え、1994年には12チームが19,000人を超え、最高となった。 J1は18チームに成長しましたが、クラブの管理が専門家ではなかったこともあり、20,000を超えるまでに四半世紀以上かかりました。 25,000人以上欲しいです。

リーグで最も人気のある浦和レッドダイヤモンズは、一度に45,000人を超えていましたが、長い間35,000人にとどまっており、魅力的な選手が少ない魅力的なチームとなっています。 それはそうではないことを意味します。 一方、ヴィッセル神戸は世界トップクラスのイニエスタを獲得し、スタジアムを過密状態にしており、アウェイスタジアムもその恩恵を受けています。

最近は、メルカリが鹿島アントラーズ、RIZAPグループが湘南ベルマーレ、ジャパネットホールディングスがV・ファーレン長崎、サイバーエージェントがFC町田ゼルビア、新興企業のクラブオーナーが次々と登場。 この動きが日本のJリーグを変えてくれてうれしいです。

一方、Jリーグは年間2万件の地域活動を行っており、村井満会長は「Jリーグをまちづくりに活用する」ことを呼びかけています。 そのような着実な努力は観客の動員につながり、世話をしなければなりません。

Jリーグで経験した良い例と悪い例をサンプルにすると、すでにプロになっているバスケットボールや、これからプロになることを目指すスポーツ界は着実に発展していくと思います。

おすすめの記事