online schooling

ご存知の方も多いでしょう。「十五少年漂流記」は、無人島に流れ着いた15人の少年の闘いを描いたものですが、 少年たちはリーダーを決め、自給自足の生活を送る。 大統領の最初の決定は、カレンダーを使って日課を作ることでした。 その後、長老たちは若い子供たちの教師を務め、毎朝と夕方に2時間勉強するためのカリキュラムを編成しました。 少年たちは、明日の目に見えない緊急事態においてさえ、彼らの学習を決して怠りませんでした。

世界中の学校は、異常に長い間閉鎖されてきました。 安倍晋三首相は2月27日、全国の小中学校、高校、特殊学校に一時休校を要請した。 これを受けて、全国の学校は3月から一斉に閉鎖されました。 しかし、新しいコロナウイルスの収束の兆候はなく、非常事態は続いた。 突然、「9月入学・就職」を探す動きがありました。

「無期限の休暇」を与えられた子供たち。 幸いなことに、ゲームをすることに専念している子供たちもいれば、塾のウェブレッスンを使ってライバルを引き離し、入学試験の勉強に専念している子供たちもいます。 「学力格差」は拡大しているだけです。 学習環境の改善は緊急の課題です。

文部科学省は4月16日、一時休校する学校の指導について、全国の自治体を対象にサンプル調査を実施した。 すべての自治体が「教科書や紙の教材を使った家庭学習」を課していると答えたが、テレビやICTを使った「遠隔教育」を行っている自治体はほとんどない。

それに加えて、55%もの学校が休校日を持っていない、または予定していない。 教育委員会からの指示を受けていない学校もあれば、遠隔教育を積極的に採用している学校もあります。 このままでは、地方自治体間の教育格差は着実に拡大していくでしょう。

各地域の教育委員会と学校が減速しているのはなぜですか? その理由の一つは、文部科学省が「対面授業」に固執し続けていることです。 文部科学省は、原則として、対面指導なし​​に単位を取得することを認めていません。 文部省が遵守している黄金律は「教育の平等を確保すること」です。

インターネット環境が裕福な家族とそうでない家族の間で均一ではないことは容易に想像できます。 また、遠隔地でのWi-Fi環境の欠如やケーブルテレビの欠如など、ICT環境は地方自治体によって異なります。

おすすめの記事