ピンチはチャンスに変えることができます。企業がスクリーニングされる時代

ピンチはチャンスに変えることができます。 新しいコロナによるオンライン医療の承認などn存在していた無意味な規制を明らかにし、霞が関は屈した。 今こそ、残された「ロック規制」を打ち破り、「次の成長」の基盤を築く時です。 企業は、「コロナ後」の成長の基盤を築くことができるかどうかに基づいて企業がスクリーニングされる時代に入ります。

国税庁は5月1日に通知を出しました。彼は手消毒のためにアルコール飲料を出荷するときに酒税を課さないと言いました。 新しいコロナは普及しているため、消毒用アルコールが不足しており、ドラッグストアの棚から消えてから久しぶりです。 酒蔵は60度以上の頻度で「酒」を作ることができ、消毒に使用できます。 ボトルに入れて近くの病院に届けたいという声もありましたが、酒税法では「飲用アルコール」を「酒」と定めており、酒税を課すことが課題となっています。 蒸留酒はアルコール度数に応じて増税する仕組みがあるため、高濃度の酒類は1平方メートルあたり1100円から1400円程度の酒税を支払う必要があります。

国税庁は、スクープ定規の規制に対する批判を理由に、しぶしぶ免税を決定したが、この措置は単なる「一時的な特別な場合」である。 彼らはそれを「飲めない」とラベルを付け、消毒のために出荷する必要があります。 一方、無免許の製造販売が酒税法違反で告発された場合、国税庁は注意を喚起することを忘れないだろう。

新しいコロナをサポートする機会を利用して、結果は規制が本当に必要かどうかを示しています。 消費税が導入されたのに、なぜ「酒」だけに高い税率が課せられるのですか? 明治時代から酒税は国税収の柱となっており、継続しているに過ぎません。 しかし、酒税収入は現在、総税収の3%未満です。 クラフトビールや日本酒のブームにもかかわらず、新規参入者には高い障壁が設定され続けています。 新しいコロナシビアは、そのような「ロック規制」自体を再問う機会です。

「予備資金を使ってコンピューターを提供してみませんか?」 厚生労働省の事務次官は、厚生労働省の幹部にそのような苦情を申し立てた。 加藤勝信厚生労働大臣が「在宅勤務の推進」を呼びかけている今、厚生労働省の副部長が在宅勤務をしていないために在宅勤務ができないことが話題になった。彼が家に持ち帰ることができるビジネス用のパーソナルコンピュータ。 ..パンデミック対策を考えていたはずの厚生労働省でも、交通が途絶えたり、役所に通勤できなくなったりすることは予想していなかった。

首都圏の市町村でも、緊急事態が発表された後も、職員全員が出勤しました。 職員の半数が家にいることを決めたのは4月下旬でしたが、「実際、家でできるのはごく一部の仕事だけです」と地方自治体の幹部は語った。 これは、これまでパソコンを業務目的で使用することが禁止されていたためです。 10,000人以上の従業員が在宅勤務しているときに、官公庁のホストコンピュータに接続する権限を与えられているのは60台のPCだけだと言われています。 これは、情報漏えいの防止を優先したため、在宅勤務をしなければならなかったときも「予想外」でした。

おすすめの記事