人工島

中国が国際社会からの批判で埋め立てを終えたのは人工島南シナ海のファイアリークロス礁。 習近平は、かつて米国大統領の「軍事基地にならない」ことを約束した。 しかし、2020年4月10日、最新の軍用機が島の滑走路に着陸しました。

その間、世界は新しいコロナウイルスの暴力と格闘し続けました。 目に見えないウイルスとの戦いの戦場となった病院。 医師や看護師は感染のリスクを冒さずに患者を救うのに苦労し、危険な現場を最初に撮影した警察や消防署は1分も早く緊急車両を走らせていました。

このようなシーンが世界のすべてのホットスポットで展開する中、中国は南シナ海の支配への関心を拡大し、米国の混乱を招くことで、自らを支配することを熱望してきました。

4月13日、空母遼寧は合計4隻の護衛駆逐艦、フリゲート艦、補給船を携えて南シナ海に入り、その存在を誇示しました。 「誰が南シナ海を支配しているのか」を伝えようとして、南シナ海を進んでいきます。

明らかに感染拡大に苦しんでいる米海軍との摩擦であることは間違いない。 南シナ海を航行していた米海軍の空母セオドア・ルーズベルト号にコロナ感染者が発見され、グアムへの撤退を余儀なくされた。 空母は840人に感染し、4,000人の乗組員が下船して隔離されました。 力がなく、任務を遂行できなかったという意味で沈没したことと同義であると言えます。

4月12日付けの中国の環球時報は、「米国の空母ニミッツ、ルーズベルト、ロナルドレーガンはそれぞれコロナ感染症を患っているが、私たちの「遼寧省」は感染症との闘いに成功した」と報じた。 アメリカ海軍に対する優位性をアピールしています。

実際、新しいコロナの大量感染は、米軍の差し迫ったストレスをひどく弱体化させました。 アジア太平洋地域では米国の空母は運航していないが、中国の空母しか運航できない状況は、感染の封じ込めだけでなく戦闘力の維持にも成功している米国に比べて中国に比較優位をもたらしている。 に宣伝されます。

一方、その軍事的影響は、その政治的影響ほど大きくはありません。 運航中の米空母はアジア太平洋地域では確実に姿を消しているが、アラビア海ではイランに対応するために空母「ハリー・トルーマン」が活躍しており、7日以内に南シナ海に急行する立場にある。必要ならば。 私は入る。

さらに、中国海軍が「遼寧」の威厳を広くアピールしようとしても、ある程度の政治的効果はあるが、軍(米海軍当局者)にとっては「大きな標的」に過ぎない。

その根拠としては、優れたアドバンテージを誇る米国攻撃の原子力潜水艦です。 グアムに本拠を置く米国の潜水艦は、中国海軍に発見されることなく南シナ海に自由に出入りでき、いつでも魚雷を発射できる位置を維持しながら、水から「遼寧」MTFを静かに追跡しています。 正しい。

現代のミサイル戦闘では、空母は、超音速ミサイルや魚雷の標的になりやすい脆弱な標的として、専門の軍事世界で評価されています。 特に、米国の空母よりも防空能力が高い「遼寧」は、その威厳をもって自国や近隣諸国の一般市民にメッセージを発信する政治的・外交的手段の強い要素を持っている。

もちろん、中国は空母を動員した派手な政治的パフォーマンスだけではありませんでした。 彼は静かに、しかし着実に挑戦を克服するための措置を講じていました。

おすすめの記事