東欧の民主化革命から30年が経過しました。かつての旧ソビエト連邦

東欧の民主化革命から30年が経過しました。 かつて旧ソ連の衛星国だったポーランドやチェコ共和国などの東欧諸国のシステムは、ドミノ現象のように次々と崩壊し始め、旧ソ連までわずか2年半しかかかりませんでした。 、本部の起源は崩壊した。 最大の要因は、旧ソビエト連邦が改革に乗り出し、東欧諸国に対する統制を弱めたことでした。

東欧陣営の崩壊により、世界は米国の一方的な支配の時代に入ったが、東欧を破壊した地政学的な地殻運動は今や西欧陣営に急いでいる。 米国の国際的影響力の低下とユーラシアにおける中国とロシアの連帯力の高まりは、国際社会の勢力均衡を混乱させ、西側陣営の崩壊が始まった。

象徴的なものは、2019年12月にロンドンで開催されたNATO(北大西洋条約機構)サミットです。NATOが「内外の病気」の状態にあることが明らかになりました。

NATOの「外国の病気」は、ヨーロッパに対する中国の影響力の高まりでした。 NATOが中国の台頭を警戒するのはこれが初めてであり、首脳会談後のロンドン宣言は、「中国の影響力の増大と国際政策は、NATOが同盟として取り組むべき機会と課題である」と述べた。 した。 これは、中国の地政学的戦略「一帯一路構想」を意識したものです。 中国は、中国の資金を世界中に拡大することによって世界経済を活性化する平和的な試みであると述べていますが、世界規模で中国の影響力を拡大しようとする世界の覇権。 それは概念として見ることもできます。

このコンセプトは、ユーラシア大陸を陸路で横断する陸のシルクロードと、ヨーロッパと東アジアを海で結ぶ海のシルクロードによって形成されており、この陸と海を結ぶのはヨーロッパの港湾施設です。 中国はすでにスエズ運河、ギリシャのピレウス港、イタリアのジェノア港、トリエステ港に巨額の投資を行い、施設の使用権を取得しており、さらに多くの投資を行っています。ヨーロッパの10の港。 これらの港を通過するコンテナの量は、ヨーロッパ全体の10%以上を占めています。NATOは、これがNATO諸国の海事上の利益を損なう可能性があることを警戒しています。

また、中国はロシアと協力してヨーロッパ各地で軍事力を誇示し始めている。 ロシアとの合同海軍演習は、2015年に地中海で、2017年にバルト海で実施された。このように、中国は軍事的および経済的影響の両方の観点からヨーロッパ周辺での影響力を高めており、NATOは中国がヨーロッパの軍事技術、知的財産、そして重要な国家インフラを目指しています。 ing。

一方で、NATOの「内面の憂鬱」も深刻です。 その一つが、フランスのエマニュエル・マクロン大統領の「米国に依存しないヨーロッパ独自の安全保障システム」の主張です。 マクロン大統領はすぐにロシアに近づき、昨年8月、プーチン大統領を別荘に招待して、彼自身の外交を開始しました。 これに対し、ドナルド・トランプ米大統領は「フランスほどNATOを必要とする国はない」と批判し、フランスを拘束した。

おすすめの記事