ロシア

サウジアラビアとロシアは、4月12日に1日あたり970万バレルを削減することに合意しましたが、ほとんどの人がその影響に懐疑的です。 たとえば、4月18日付けのエコノミスト社説「石油産業の未来」は、新しいコロナウイルスによる石油需要の大幅な減少により、減産協定は有効ではないと指摘した。 世界の産油国にとっての大きな問題は、構造的な苦痛が長期化することです。

最大の問題は、需要の長期停滞の恐れです。 各国は、新しいコロナウイルスの危機が最終的に終わり、経済がV字型に回復することを望んでいます。

しかし、かつて縮小した経済活動を回復することは容易ではありません。 コロナウイルス危機によるサプライチェーンの混乱により、多くの企業が大きな被害を受けました。 部品製造を他国に移したり、サプライチェーンを複製してリスクを分散させたりすると、コストが増加し、製品価格が上昇します。 これにより、トランザクションの数とそれに対応する輸送の需要が減少します。 また、在宅勤務は避けられませんが、試してみるメリットもあり、業種によっては在宅勤務が幅広く行われる可能性があります。 これにより、輸送の需要が減少します。 したがって、コロナウイルスの危機が克服され、経済が回復したとしても、石油の需要は回復しない可能性があります。

気候変動は、石油需要の長期的な減少のもう1つの考えられる要因です。 上記のエコノミスト社説は、新しいコロナウイルスに対する対策の結果、自動車や航空機の使用が大幅に削減され、大気汚染が目に見えて改善されたと指摘しています。 NASAの衛星観測データによると、米国北西部の大気中の窒素酸化物は30%も削減されています。 ヒマラヤが30年ぶりにインドから見えたという報告もあります。 社説は、結果として、世論は化石燃料依存経済からの移行を加速したいと思うかもしれないと述べています。

実際にそう考えているかどうかにかかわらず、異常気象による大規模災害により気候変動への危機感が高まると、化石燃料の消費がこれまで以上に抑制される可能性があります。 高い。 気候変動は確かに石油需要の長期的な減少の重要な要因です。

米国のシェール業界は、石油価格の急落によって大きな打撃を受けています。 シェール燃料の専門家であるベサニー・マクリーンは、4月10日にニューヨークタイムズ紙に「コロナウイルスは米国でシェールの夢を殺すかもしれない」と書いた。 Mcleanによると、石油の価格が1バレルあたり55ドルであったとしても、利益を上げている企業はほとんどありませんでした。 超低金利で民間株を扱う投資会社が巨額の投資を行ったため、シェール産業は飛躍的に成長し、石油価格は1バレルあたり約20ドルになり、シェール産業国は前例のない金融危機に直面しています。 ホワイティングペトロリアムと呼ばれるシェール会社はすでに破産を申請しており、テキサスだけでも数千人の従業員が解雇されています。

米国はシェールオイルのおかげで世界一の石油生産国になり、シェール産業が危機に瀕していると、世界一の石油生産国の地位が危うくなるでしょう。 シェールオイルとシェールオイルの主要生産国であるテキサスはトランプの重要な支援拠点であり、トランプはシェール産業を救済するためにあらゆる努力をしますが、それが効果的である可能性は低いです。 そうなると、秋の大統領選挙も影響を受ける。

おすすめの記事