緊急事態が解除され新型コロナウイルス収束への道が開かれたのか・・?

新たなコロナ問題で緊急事態宣言が解除され、社会は収束の道を歩み始めましたが、介護施設の苦痛は続いています。 国は第二次補正予算で支援を行っているが、最も重要な課題である介護職員の「確保」と「維持」の規定には至っていない。 5月中旬に著者が在宅介護従事者を対象に行った緊急アンケート調査に基づいて、コロナ病のケアに関する問題を検討したいと思います。

調査結果によると、「介護職員への特別補助金等」との回答が多かった。 そして、「介護費の値上げ」が介護対策の最優先事項でした。

そもそも介護保険は、社会保険制度を通じて民間企業が「市場経済」で運営している。 しかし、介護事業の収入は公定価格である介護費で決まるため、人材不足だけで昇給などの待遇を改善することは難しい。 平時でも賃金水準に合わない実際の労働状況でも賃金を上げることは容易ではなく、新たなコロナ問題により労働力不足はさらに深刻化した。

調査結果の自由意見でも「安い料金で感染の危険性を心配しながら働くのはおかしい」「在宅介護の不足に対応していないという問題があると感じている。ビジットケア」「コロナ」収斂するまでは使命感を持って働き続ける介護福祉士がいるが、収斂後も介護福祉士として働きたい人は減り、コロナで事業を継続できないオフィスの数が増えるでしょう。 「人材不足が加速しています。

政府は今回の2回目の補正予算で、介護職員全員に「慰安金」として一律5万円を支給することを決定した。 確かに、医療専門家のための財政的措置や医療費の増加と比較して、介護部門における財政的動員は少ないかもしれません。 ただし、第1次補正予算は、クラスターのある介護施設にのみメリットをもたらしたが、第2次補正予算は一律のメリットを提供したことを高く評価したい。 感染症を起こさない介護スタッフの日常業務は、重荷と重労働でした。

調査結果の意見によると、「介護休暇が増えている。医療関係者だけでなく、介護関係者にも手当を支給してください」。 「人手不足で緊急申告をしても、感染の恐れがないので、いつものように在宅サービスを行っています。介護費の値上げをお願いします。医療と同じように。 、在宅サービスは命を救う職業です。」「医療従事者だけでなく、介護福祉士にも焦点を当てて治療の改善を検討してほしい。」つまり、確保には限界がある。現在の社会保険制度に基づく「市場経済」からの介護事業収入における継続的な人材。 非常事態宣言が解除されたとしても、ワクチンや銀の弾丸が開発され、過酷な環境での介護サービスが必要とされない限り、真の「収束」にはなりません。 介護産業を継続するためには、新たな人材の投入が必要であり、そのためには介護費の大幅な値上げが避けられず、介護施設の収入を増やす必要があります。 継続的な財政動員が必要である。

主に外食産業における休職補償や中小企業への助成は一時的なものです。 これらが収束すれば、時間はかかりますが、「市場経済」に基づいて一定の収入を得ることができます。 一方、医療・介護の分野では、依然として人材の確保が難しく、「公共財」としての側面が強まっていると言えます。

おすすめの記事