2020年、イランの司令官ソレイマニは1月3日に就任します。

2020年1月3日、イランの司令官ガーセム・ソレイマニが米軍に殺害されるなど、中東情勢は緊迫しているが、北東部の朝鮮半島では無視できない動きが見込まれる。アジア。

文在寅大統領の1月7日の新年の発言は南北関係に多くを捧げたが、開城団地の再開や鉄道建設の促進など南北関係を優先し、韓国は米朝交渉を仲介した。 。 彼はそれをする強い態度を持っていました、そしてそれはあまりにも非現実的でした。 同日、ハリス駐韓米国大使はインタビューで、「(南北協力は)米国と協議して行うべきだと思う。同盟国として緊密に協力すべきだ」と述べた。 釘を強調して刺した。 それは当然だろう。

1月13日付けのコリアヘラルド紙の社説は、南北関係の促進に対する韓国の文在寅大統領の姿勢を批判している。 「現実を無視して南北関係を改善しようとすることは、北朝鮮へのさらなる侮辱につながるだけだ」という主張はうなずく。 また、米国と北朝鮮の交渉が停滞しているという同社の理論の現状は間違いではない。

文在寅氏は1月14日の新年の記者会見で、「南北関係が再び高まったとしても、対話を通じて協力を拡大する努力は今も続いており、十分に機能するだろう。私はそれができる」と述べた。風が吹く。

北朝鮮外務省顧問の金桂宏氏(元核交渉代表)の1月11日の言説は、韓国に対する厳しい批判だった。 「北朝鮮は米国大統領からの手紙として直接受け取った」と彼は言った、清王朝の治安部長である鄭義溶は金正恩大統領に誕生日のお祝いを伝えたことを誇らしげに発表した。 -北朝鮮へ。 韓国政府の部下は押しつぶされました。 この点は新年の記者会見でも聞かれたが、文在寅大統領は「非常に前向きに評価したい」と述べた。

一方、米朝交渉については、北朝鮮の金桂宏氏は、米国が北朝鮮の主張を完全に受け入れない限り、北朝鮮は主要な核施設を放棄するのではなく、主要な核施設を放棄するだろうと述べた。制裁解除。 二度とそのような交渉はありません。 「」

米朝交渉は膠着状態にあるようだ。 残念ながら、仕方がありません。 その間、北朝鮮の動きに細心の注意を払いながら、(1)制裁を強化し維持し、(2)北朝鮮とのコミュニケーションに努力を続け、(3)米国や他の国々との不測の事態に常に備えます。 重要になります。

1月10日、米国の国家安全保障問題担当補佐官オブライエンは、昨年10月にスウェーデンのストックホルムで開催された実務レベルの交渉を継続したいと米国が北朝鮮に通知したと述べた。 1月14日、サンフランシスコ近郊で日米外相会談が開かれ、北朝鮮政策に関する三国の協力が確認されたのは良かった。 米国と中国が第一段階の貿易協定に調印した今、中国との協力を強化すべきである。

北朝鮮も現状に不満を持っている可能性がある。 北朝鮮の動きを注意深く見守る必要があるだろう。 世界の目は今や中東に向けられていますが、北東アジアの危険性を見逃してはなりません。 もちろん、北朝鮮は、米国が今年の初めからイランの司令官カセム・ソレイマニを殺害し、イランと米国の間の緊張を見ている。 米軍によるソレイマニの殺害は北朝鮮に大きな圧力をかけるだろう。

おすすめの記事