投票

現職の共和党大統領ドナルド・トランプと民主党副大統領ジョー・バイデンの間の一対一の戦いであった2020年の米国大統領選挙は、投票のカウント日(11月3日)の5ヶ月以上前でした。

20年間の大統領選挙は4年前とどう違うのですか? この記事では、今回と前回の大統領選挙の違いをまとめます。

一つ目は失業率と経済の活性化です。 2016年大統領選挙の投票日(11月8日)直前に発表された10月の失業率は4.9%でした。 対照的に、2008年4月の失業率は、新しいコロナウイルス感染の拡大により14.7%に上昇しました。 スティーブン・ムニューシン米財務長官とラリー・クドロー国家経済会議議長は、失業率はさらに上昇するとコメントしている。

トランプ大統領の再選の鍵は経済の活性化であることは言うまでもないが、問題は「11月8日の投票日まで」の期限があることだ。 その時までに、トランプ氏は強力なコロナ以前の経済に戻る必要があります。

一方、バイデン前副大統領にはこの期限はありません。 バイデンは高い失業率を批判し、有権者に経済活性化のための具体的な計画を提供することができるはずです。 これはバイデン氏にとって大きなアドバンテージです。

トランプ大統領は、残りの5か月で経済の活性化を達成することは難しいと考えており、最近、「今年は「偉大なものへの移行」であり、来年は最高の年になる」と改訂されました。

二つ目は気持ちいいです。 4年前の大統領選挙では、トランプ氏とクリントン氏はあまり好かれておらず、「嫌いな」戦いとして嘲笑されていました。 一方、今回の大統領選挙では、トランプ氏とバイデン氏の好意度に明らかな違いがあります。

米国(コネチカット州東部)のクイニピアック大学の世論調査員(2008年5月14〜18日実施)によると、有権者の45%が、バイデン前副大統領に対して「好意的な印象を持っている」と答え、印象”。 41%で、「持っている」は4ポイントでリードしています。

一方、有権者の40%がトランプ大統領に「好印象を持っている」と答え、55%が好印象を持っていないと答え、「待ちきれない」は15ポイントを超えた。 バイデンは好意的に有利です。

おすすめの記事