WHO

WHO(世界保健機関)年次総会が5月18日開催されました。 その前に、オーストラリアのスコット・モリソン首相は、新しいコロナウイルス(COVID-19)の独立した調査を求めました。 モリソン首相は、WHOの高官が病気の発生を調査するための検査官として各国に入国することを提案しました。

一方、中国は幸せではなかったようです。 オーストラリアの牛肉輸入の3分の1である生産者からの輸入を禁止し、大麦に高い関税を課すと脅迫した。

これに関連して、5月12日付のウォールストリートジャーナルは、中国のオーストラリアに対する「オーストラリアと中国産牛肉:北京は世界的なCOVID-19調査の呼びかけに貿易制裁で対応する」という社説を発表しました。 彼は貿易制裁を批判した。

このウォールストリートジャーナルの社説は、注目を集める優れた社説です。 コロナウイルス問題に対する中国の対応は、しばしば驚くべきものです。

上に示したように、まず第一に、新しいコロナウイルスの起源を調査するというオーストラリアの提案は、経済的報復と呼ばれるものに取り入れられています。 次に、米軍がウイルスを持ち込んだという誤った情報を外務省の副スポークスマンに送り、それを否定することなく長期間放置した。 さらに、中国は、新しいコロナウイルスを制御するための努力を促進し、世界への感染の拡大を遅らせるなどの貢献をするなど、非常に残念な行動をとっています。 おそらく、新しいコロナウイルス、パンデミック、習近平投与の初期反応の研究が不適切であったという事実につながる可能性がない場合、習近平体制の安定性にも影響を与える可能性があるという懸念がありますI ‘これが事実かどうか疑問に思いますが、いずれにせよ、それは中国のシステムの異質性を示しています。 中国はしばしば、中国の考えに反対する国々に経済的不利益をもたらすと脅迫しており、オーストラリアの事例はその脅威の実現です。

中国がこのように振る舞う限り、中国は経済パートナーとして信頼することはできません。 したがって、中国との経済関係の深化には注意が必要であり、可能な限り中国との経済的分離を進めることが適切であると考えています。

日本を悩ませていた尖閣諸島の国有化の際に、中国が希土類の日本への輸出を制限したことは、私の記憶に新鮮です。 サプライチェーンに関しては、中国への依存を減らす必要があります。

5月18日からのWHO総会では、新しいコロナウイルスの問題が大きな問題になりました。 もう一つの問題は、新しいコロナウイルスに対する対策を比較的うまく管理している台湾が、WHOの活動から除外されていることです。 台湾を総会のオブザーバーとして呼ぶことは、馬英九政権の間にWHO事務総長がしたことでしたが、現在のテドロス事務総長は、決定するのは加盟国次第であるため、招待状の発行を拒否しました。 。 中国は台湾の参加を阻止するためにアフリカ諸国を応援しています。 公衆衛生の問題は、政治的に扱われるべき問題ではありません。

おすすめの記事