COVID19

新しいコロナウイルスの蔓延を防ぐために最前線にとどまっている医療専門家の闘争と苦難は、多くの報告で知られています。 一方で、最前線を目の当たりにしてあまり知られていない業界もあります。 ウイルス感染を物理的にブロックするのは消毒業界です。

また、一般的に非常に馴染みのない業界でもあります。 とはいえ、新しいコロナウイルスの流行に伴い、予防策を含め、何百もの問い合わせが何日にもわたって殺到する必要があります。

現在、事務所や工場の消毒を担当している会社のほとんどは「特別清掃」と呼ばれています。 なじみのない言葉ですが、その名の通り、孤独死や偶発死などの死体発見現場の清掃、ごみ屋敷、洪水被害や床下洪水からの復旧、消毒、清掃などの特別な清掃を行う請負業者です。などです。

新しいコロナの感染者が滞在した場所の問い合わせや、予防策としての消毒の依頼が、途切れることなく専門の清掃会社に寄せられています。 業界では労働者の不足が続いています。

ある意味、東京電力の福島第一原子力発電所での前例のない事故で汚染された土地の除染作業に似た「消毒作業」ですが、福島より難しいのは新しいコロナウイルスの実情です。 不明確な点でした。

感染リスクに注意してください
人材確保が難しい

高級クルーズ船「ダイヤモンドプリンセス」。 横浜港の埠頭に停泊していたこの豪華なライナーは、ある時点まで日本の新しいコロナ感染の象徴でした。

2月中旬、ポジティブなものが降り続けると、ダイヤモンドプリンセスの運営会社が厚生労働省に要請します。

「船内を消毒・消毒する会社を紹介してほしい」と語った。

厚生労働省は、神奈川県害虫駆除協会に相談したが、乗組員や乗客が多く、ゾーニングができなかった現船は消毒効果がないことを認められなかった。 ..

問題を抱えた運営会社は、滅菌消毒会社に入札します。 落とされたのは米国の主要な「ベルフォー」でした。 これは、世界10か国以上にオフィスを持つグローバル企業です。 同社はまた、2011年の東日本大震災の復旧作業の清掃と消毒を担当しています。 同社にとって、ダイヤモンドプリンセスは、新しいコロナ感染予防を最大限に活用するのに最適な場所でした。

当時、CEOは防護服を着ておりベルフォーがダイヤモンドプリンセスの内部を消毒・消毒するために使用した消毒剤は、「過酸化水素」と呼ばれる「加速過酸化水素」であり、これがオキシドール(過酸化水素)の弱点である。 殺菌速度を速めるのは消毒剤でした。

Belforは、キャビンの消毒と消毒に重点を置いていました。 それ以外のクルーズ船の運航者は、取り扱いが難しいため、厚生労働省に再度相談します。

おすすめの記事