警察官による黒人男性の不当な行動についての暴動

米国は現在、警察官による黒人男性の不当な殺害によって引き起こされた暴動に左右されています。 人権侵害は起こらないはずであり、偶然に殺された男への同情と怒りは確かに大きな動きです。

しかし、広く報道されていない人権侵害が増えているという事実についてもっと話すべきだと思います。 それが、不法移民を収容する拘置所と呼ばれる施設で起こっていることです。

トランプ大統領の就任以来、不法移民に対する取り締まりが強化されてきました。 世界中からの批判のいくつかは、彼らが「不法移民として認識され、施設に拘留されたときに両親を引き離した」というものでした。 さらに、両親から離れた子供たちは病気になり、時には不衛生な環境で亡くなりました。

現在のコロナウイルスの混乱の中で、多くの感染者がこの不法移民収容所で報告されています。 5月1日現在、約3万人が施設に入院し、そのうち490人がコロナ陽性であることが確認されたが、当時、PCR検査を受けたのは約1,000人に過ぎなかった。 有る。 施設のスタッフはまた、ウイルスが36人で検出されたと述べました。 5月31日現在、1,400人以上の感染者がいることが明らかになりました。

もちろん、施設側も対策を講じています。 特に、米国では、コロナの蔓延が激しいニュージャージー州を中心に、過去に犯罪歴のない人々を中心に、700人が一時的に施設から解放されました。 これは、囚人の刑務所からの釈放と同様に、感染の拡大を阻止するための措置でした。 しかし、全体から見ると少数です。

5月初旬、BBCは南カリフォルニアのサンディエゴにある施設へのインタビューを試み、拘留中の女性は「感染を恐れてスタッフが仕事に来るのをやめたため、食事が遅れている。マスクや手袋は提供されなかった。 、そして誰もが感染することを恐れています。」

施設でウイルス抗体検査を行ったところ、115人中89人が抗体陽性と報告されました。 現在まで、米国入国管理局(ICE)は全国的に正確な数値を公式に発表しておらず、数値の開示を控えるよう地方自治体に通知しています。 しかし、一部の場所で漏洩した情報を収集すると、1週間で感染者数が3倍になるなどの恐ろしい数字が聞こえてきます。

不法移民のための拘留施設の数は非常に多いため、多くは民間部門に外注されています。 このような場所では、医師や看護師の派遣や衛生管理を怠っても、外部に状況を伝えることが難しいという問題もあります。 不法移民を志願するボランティアからの申し立てにもかかわらず、国全体がコロナパニックに陥り、不法移民に対処することができませんでした。

おすすめの記事