コロナ不況への対策として低所得世帯に30万円を提供することを検討していた?

政府は当初、コロナ不況への対策として、不況により大幅に収入が減少した低所得世帯に30万円を提供することを検討していた。 しかし、4月17日、安倍晋三首相は記者会見で全市民に10万円を支払う方針に切り替えた。 その理由を「みんなに協力してもらいたい。ウイルスとの戦いを生き抜くためには、何よりも人との一体感が重要だ。それを念頭に置いて決断した」と説明した。 これは、30万円の給付がメカニズムとして理解しにくく、いつになるかわからず評判が悪かったためです。

コロナ不況対策であるため、コロナ災害による収入の減少の一部を所得制限付きで支払うのが妥当と思われる。 しかし、日本の税務当局は昨年の個人の収入、預金口座、住所を知らないため、早期に支払うことはできません。 一方、米国の税務当局は、すべての市民が税金を申告し、支払っていることを認識しています。 また、すべての人々の社会保障番号も知っています。 昨年の収入に応じて、すぐに預金口座に現金を送金するか、小切手を送ることができます。

日本では、地方自治体は居住税とその基礎となる収入と住所を認識しています。 預金口座がわからないので、3月1日時点で個人番号カードの普及率は15.5%に過ぎませんが、現金で払えると思います。

しかし、どのようにしてあなたの現在の収入を知るのですか? 昨年の収入を知っている米国でさえ、それはできません。 日本では、確定申告をしたことがない人も確定申告をしなければなりません。 個人事業主は毎年それを宣言しますが、この場合、彼は彼の月収を宣言しなければなりません。 ついに6月に、どのような証拠が必要か、それが正しいことを証明する方法についての説明会が開かれたと聞いています。 これで、実際に受け取るのは秋になります。 苦しんでいる人は今お金が必要です。

また、6月に説明会を開催し、人が集まると、そこからコロナ感染爆発が発生する可能性があります。 日本の官公庁は、行政の実務能力を超えようとしています。 できないことをやろうとしても、忙しいからといってできない。

たとえそれが真実であったとしても、困っている人々をすぐに助けるという目的を忘れれば、それは真実ではありません。 政治家は、当局に何がいつできるのかを正確に尋ねているのだろうかと考えています。

少し前まで、日本の大手企業は、質の高いカモフラージュの一連のスキャンダルを抱えていました。 民間部門がこんなに質の高い「できない」と言ったら、事業部が閉鎖されるリスクがあるので、「できる」と言ってもいいかもしれません。 しかし、なぜ日本の当局者は彼らができないことを彼らができると言うのですか?

一方、安倍首相がコロナのPCR検査の数を増やすように命じたとしても、一部の当局者はそれをしないように最善を尽くします。 政治家はまず、役人ができるかできないか、そしてその理由をしっかりと把握する必要があります。

当局が所得制限にこだわって一律の給付に反対したのは、所得制限を設けないと財政支出が際限なく膨らみ、一律の給付を提供するのはバルマキであり、バルマキは悪いと信じているからだ。 しかし、そうではありません。

おすすめの記事