香港は中国と世界の間の玄関口であり続けることができるか?

これまでのところ、香港の金融市場は、中国共産党が5月28日に香港に新しい国家安全保障法を適用することを決定して以来、比較的穏やかでしたが、将来何が起こるかを予測するためのエコノミスト誌の基準。 社説は次の3つを引用しました。

最初の基準は、中国が新しい国家安全保障法をどのように実施するかです。 たとえば、独立した裁判官や中国共産党に同情的な裁判官によって適用される場合があります。 二つ目は、米国が香港のドル決済システムを制裁するかどうかです。 認可された場合、香港の金融市場に即座の混乱を引き起こす可能性があります。 そして最後に、中国共産党が香港での抗議を抑制し、政府の批評家を脅かすだけでなく、裁判所、中央銀行、規制当局、会計の適切性などの香港の独立機関を危うくするかどうか。 です。 香港がこれらのテストに合格しなければ、グローバルな金融センターとしての地位を失うことになります。

香港の状況がどうなるかについてはまだ多くの不確実性がありますが、明らかなものもあります。 中国の王毅外相は、香港問題は中国の内政問題であり、他の国々が内政に干渉してはならないと述べた。 しかし、これは誤った主張です。 1997年に香港を中国に返還することを規定した1984年の「中英中国共同声明」は、批准条項と英国と中国の間の批准文書を備えた確立された条約であると誤解する人もいます。 交換されました。

国家安全保障法が中国の全国人民代表大会(NPC)で作成されるという事実は、香港が立法権を持っているという規定に違反しています。 中国が国際条約法に違反していることは明らかです。 それについて不平を言うことは、内政への干渉ではなく、条約が保護されるべきであるという国際法の一般原則に基づく正当な主張です。

「中英共同声明」については、関係者である英国が公式に非難することができるが、香港の法的地位は他国の利益にも関係している。 日米両国は、そのような関心のある国として特定の発言をすることが許可されます。

最近の中国では、米軍が新しいコロナウイルスを武漢に持ち込みました。中国が武漢での新しいコロナウイルスの蔓延を抑制したことを世界は感謝すべきです。 安倍首相は、中国での新しいコロナウイルスの発生を発表しました。 彼は彼を責めようとしたと非難し、ゲベルスのような嘘を百回繰り返すとそれが真実になると宣伝している。 米軍がウイルスを持ち込んだという陰謀説を最初に発表した趙立堅は、スポークスマンに取り上げられた。 王毅外相の「内政不干渉の理論」も別の曲です。

このような中国の国際法違反や不当な宣伝活動は、厳格に追求されるべきです。

香港経済の将来は、米国が課す制裁にかかっています。 上記のエコノミスト社説で述べた3つのポイントは重要ですが、それらは政治的に反発的ですが、一般的に同じであるという経済的態度は良くないと思います。 中国が国際法違反に対していかなる代償も払わないと仮定してはならない。 香港人の経済的利益を損なうことは耐え難いことですが、国際法違反のために中国にとってまともな不利益になるはずです。 そうでなければ、南シナ海での違反を含む中国の国際法違反は阻止されず、将来的に膠着状態を残すでしょう。

レーニンはかつて「資本家は利益のためにぶら下がっているロープさえ売っている」と言ったが、政教分離に対する中国の対応は中国の目的であり、中国の軽蔑である。 誘うようです。

香港問題については、西側民主主義の統一を強調すべきである。 それは日本の安全にもつながります。

おすすめの記事