トランプ大統領オクラホマ州タルサで大規模な集会

トランプ大統領は、11月の大統領選挙に備えて、6月20日にオクラホマ州タルサで約3か月ぶりに大規模な集会を開催しました。 この集会は、支持率の点で前民主党副大統領のジョー・バイデンに遅れをとっている大統領の「逆転攻撃」を目的としていた。 しかし、前回のプロモーションとは異なり、会場は著しく空席でした。 「ラリーは予想外に終わった」(米国の新聞)、そして大統領が再開したとき、すでに赤信号が点灯していた。

人数が少なかったため、2会場でのイベントは中止となりました

そもそも、このスピーチは当初19日に設定されました。 しかし、この日は歴史的な「黒人解放の日」です。 米国で黒人差別を撤廃する動きが強まる中、集会を開くと人種紛争が発生するのではないかとの懸念から、差別的な発言と行動を繰り返してきたトランプ氏は20日まで延期された。 ある。

さらに、トランプは1921年に白い暴徒によって約300人の黒人が殺害された場所であり、州を含む南部と西部でのコロナウイルス感染の最近の急速な広がりは、公衆衛生当局につながっています。 集会で強い懸念を表明し、トランプ陣営に対する批判が高まっていた。

しかし、トランプ大統領は集会を強制した。 なぜ。 最近の承認評価調査(CNN調査では14ポイントの差)で、特に彼が勝たなければならない中西部の激しい戦場で、バイデンに圧倒されるという厳しい現実に直面しました。 なぜならそれは。

ワシントンポスト紙によると、1月、特にミシガン州では、彼を6ポイント追いかけていたバイデンの支持率が16ポイント上昇し、ウィスコンシン州では約10ポイント上昇しました。 トランプ氏は、コロナ大破に苦しむことを控えたスピーチをすぐに再開し、支持者と直接協力することで、危機感を深め、劣等感を取り戻そうとしました。 だからタルサでラリーを開催しました。

会場は19,000人収容のアリーナでした。 トランプ氏は集会前のツイートで、20万人が入場券を求めていると述べ、彼のキャンプはまた、100万人以上の支持者が集会に参加したいと宣伝した。 しかし、実際に蓋を開けたところ、「3分の1が空いていた」(ニューヨークタイムズ)。 会場の動画を見ると、「Make AmericaGreatAgain」のロゴが入った赤い帽子をかぶったサポーターの熱意に欠けているようだった。 2階の席はガタガタでした。

計画は、トランプ大統領とマイク・ペンス副大統領が、アリーナの外にある2番目の会場で、会場に収まらなかったサポーターのためにスピーチをすることでした。 しかし、このような静かな状況のため、2番目の会場でのイベントはキャンセルを余儀なくされました。

この件に詳しい人によると、新聞は大統領の支持者の不足に激怒した。 大統領のスポークスマンは声明の中で、何百万人もの人々がオンラインで集会に参加したと示唆したが、代わりに集会の参加者の数は予想よりはるかに少なかったと強調した。

おすすめの記事