コロナウイルス感染の蔓延による在宅勤務指示

新しいコロナウイルス感染の蔓延に伴い、多くの企業が在宅勤務などの在宅勤務を余儀なくされています。 パーソル総合研究所の調査によると、正社員の在宅勤務率は3月中旬に13.2%だったが、非常事態宣言後の4月中旬には27.9%に倍増して東京に到着した。 限界では49.1%に達しました。 このうち、会社に所属していた人の約7割が最初に在宅勤務をしていました。

模索しながら在宅勤務をしていると、オンラインで資料を共有しながら、電話などに時間をかけられないため、通勤時間を短縮し、仕事をスピードアップできるメリットを多くの人が感じました。 通信環境や通信環境など、さまざまな問題も浮き彫りになりました(右図参照)。

食品商社の事務員は、「在宅勤務者が一気に増え、社内システムへのアクセスが集中し、動きが遅くなり、作業効率が低下している。そのため、生命保険会社の営業担当者は、「基本的に顧客への直接訪問は禁止されているため、2月から5月までの4ヶ月間は新規契約はなかった。テレビで5月中旬に会議システムが導入されたが、初めての顧客対応はもちろんのこと、使い慣れていない」と不安を感じた。

テレワークへの突然の移行に混乱している企業もあれば、コロナの面倒を見て働き方の改革を加速している企業もあります。

三井住友海上保険株式会社は、コロナ感染が拡大し始めた2月末から社内会議をオンラインに移行し、非常事態宣言後、警戒区域の従業員数を30%に削減しました。通常の数。 宣言が解除された後も、オンラインでより生産性の高い業務が行われており、仕事に参加する従業員の数は最大で70%に制限されています。

人事部企画部長の荒木裕也氏は、「これまでリモートツールを使ったことがない幹部や幹部からは、「やってみる以外に普通の打ち合わせができると思う」と前向きな声が多い。それ。’ 会社全体のITリテラシーも向上しました。これは非常に重要です。」

コロナ感染拡大後は、TeamsやZoomなど、相手方が利用できるオンライン会議システムで代理店や顧客企業とのコミュニケーションに対応し、6月も引き続きオンラインでサポートしていきます。 有る。 エージェント向けには、コロナ以前に導入された保険商品に関する質問に自動的に回答するチャットボットサービスに加え、2月にはエージェントの行動分析に基づくガイダンス機能を搭載したAI搭載ソフトウェア。 導入など、これまでエージェントとの実際のやり取りが必要だった業務の効率化に取り組んでいます。

おすすめの記事