USA

ドナルド・トランプ米大統領は5月19日、WHOが30日以内に改革しなければ、米国はWHOへの資金提供を停止すると述べたが、5月29日、WHOは事実上中国の操り人形機関であった。 彼は状況を批判し、WHOとの関係を断ち切り、資金の提供を停止すると発表した。

WHOは、コロナウイルス発生の初期段階を隠蔽しようとする中国の試みを批判せず、むしろ中国の早期対応を評価し、中国の意見を取り入れ、1月30日まで非常事態を宣言しなかった。彼が態度を示したことは否定できない事実である。中国に向けて。 しかし、WHOとの関係を断ち切るというトランプの決定は、初期のパンデミックへの対応におけるトランプ政権の遅れに対する批判を回避することを部分的に目的としていたようです。 また、WHOの対中傾向を強く批判することで反中国世論に訴えようとしたことも重要な動機だったようだ。

WHOとの関係を断ち切ることは、WHOを離れることと同じではありません。 WHO規約は撤回の詳細な要件を提供していないようですが、撤回にはすべてのWHO債務の返済が必要であると一般に考えられています。 米国は2019年に8100万ドル、2020年に1億1800万ドルを支払っていないため、米国を離れるために支払う必要があります。 米国での手続きについては、WHOへの入会について上院の承認を得ていることから、撤退には上院の承認が必要と思われる。 また、退会の1年前に通知する必要があります。 トランプ政権がこれらの措置を講じてWHOから正式に撤退することを考えているかどうかはわかりません。

正式に撤退するかどうかにかかわらず、米国がWHOとの関係を断ち切ることの影響は重大です。 まず第一に、それはWHOにとって打撃です。 米国との関係の断絶により年間4億5000万ドルが失われ、即時のパンデミック対策だけでなく、世界的なワクチン計画、ポリオ撲滅、エボラ対策にも影響を与える可能性があります。 また、感染に関する米国の洞察へのアクセスを困難にする可能性もあります。 この点で、トランプの発表は公衆衛生の専門家からの批判につながっています。 一方、米国はグローバルヘルスの重要な分野での影響力を放棄しました。 トランプ政権は国際機関への影響力をあまり重視していないようですが、パンデミックの第2波と第3波が予想されるため、グローバルヘルスはますます重要になっています。 当時、米国が影響力を行使できなかったことは、米国だけでなく世界にとってもマイナスです。

米国は、WHOの中国への動きを批判しているが、WHOとの関係を断ち切ることは、WHOの中国への動きを加速させるという皮肉な結果をもたらす可能性がある。 すでに習近平はWHOに20億ドルの追加寄付を約束しました。 中国の影響力は、財政面だけでなく、WHOの運営においても増大するでしょう。 WHOの政策に影響を与える米国の試みは成功していません。 米国のWHOとの断絶声明が、トランプ陣営が大統領選挙の柱に据えようとしていたという中国の批判のレトリック以外に意味がなかったとしたら、それは非生産的だと思われる。

おすすめの記事