トイレットペーパー

コロナ大破によりトイレットペーパーが一時的に店頭から姿を消したが、似たようなことが過去にも起きておりそれがオイルショックである。オイルショックとは、第一次オイルショックで原油価格が4倍に高騰した。 当時、製紙業のパルプ製造・乾燥工程では重油が大量に使用されていました。 原油の値段が上がるとトイレットペーパーの値段も上がると多くの人が考えていました。

燃料を石油に頼っているのは製紙業だけではありません。 当時、日本の一次エネルギー(未処理エネルギー)の4分の3以上が石油でした(図1)。 石油価格の上昇に加えて、OPECは供給と価格を管理できることを発見し、多くの要求の厳しい国々が石油の除去を推進してきました。 そのうちの一つは原子力発電でした。 フランスを含む多くの国が本格的な導入を開始しました。

また、石油からの切り替えが容易な燃料として石炭が注目されています。 当時、日本では石炭から石油への転換と流体革命が進み、地下深くで採掘されていたため高価だった国内の石炭の生産量はピークの3分の1近くまで減少しましたが、海外ではオーストラリア。 、北米などで低コストの石炭が掘られていました。 世界的に供給され、政治体制が安定している石炭の需要は大量生産されており、石油価格の高騰により価格競争力は比較的高まっており、世界的に急速に高まっています。

日本も例外ではなく、電力、セメント、製紙・製紙産業で使用される石油を石炭に転換する動きが広まっています。 石油ボイラーを石炭ボイラーに交換すれば、発電機など他の設備もそのまま使用できます。 燃料としての石炭は、オーストラリア、北アメリカ、南アフリカ、中国から輸入されました。 その後、1980年代から、輸入炭を燃料とする石炭火力発電所が新たに日本に設立された。 電力需要が高まる中、安価で安定供給可能な石炭は日本にとって貴重な燃料となっています。

経済産業省は、非効率で比較的大量の二酸化炭素を排出する石炭火力発電所に焦点を当て、2030年までに石炭の停止を廃止する方針を発表したと報じられた。 メディアの報道によると、日本の140ユニットのうち約100ユニットがターゲットになります。 なぜ閉鎖が行われるのですか? 安定した電力供給は可能ですか? 電気代は上がりませんか?

それは世界中の石炭を取り除く運動です。

第一次オイルショックが発生した1970年代の地球温暖化は大きな話題ではありませんでした。 知識の巨人として知られる立花孝志は、1971年の著書「思考の技術-生態学的アイデアの提言」(その後の新版で訂正)の中で、地球寒冷化への懸念について言及しました。 行われていますが)。 その時代には、石炭からの二酸化炭素排出は問題ではありませんでした。

問題は硫黄酸化物と窒素酸化物の排出でしたが、日本の石炭火力発電所は脱硫・脱硝装置を設置し、低硫黄・窒素含有石炭しか使用していなかったため、大きな問題でした。 なりませんでした。 1990年に米国で石炭火力発電所の大気浄化法が改正されましたが、その内容は硫黄酸化物と窒素酸化物の規制であり、二酸化炭素は話題になりませんでした。

1990年代になると、国連では地球温暖化が大きなテーマとして取り上げられるようになりました。 温室効果ガスと呼ばれる大気中の二酸化炭素濃度の上昇は、地球の温度を上昇させ、その結果、生態系に大きな影響を与えることが指摘されています。 スウェーデンの環境保護活動家であるグレタ・トゥーンバーグなどの活動は、地球温暖化の問題、特に化石燃料の中で二酸化炭素排出量が多い石炭に注目を集めています。

石炭火力からの1kWあたりの排出量は、天然ガス火力の約1.6倍です。 原則として、欧州の国際金融機関、民間金融機関、投資家は石炭火力への投資を停止しています。金融機関や投資家の「リスク」や「利益」の問題を背景にあることも見逃せません。

石炭は大量の二酸化炭素を排出しますが、その結果として地球の気温がどれだけ上昇するのか、そして気温の上昇の結果としてそれがどのような影響を与えるのかは不明です。 世界規模では不明なことが多いですが、デコールへの動きは主にヨーロッパで進んでいます。 それにもかかわらず、主に旧東ドイツ地域で石炭と亜炭の生産品質が低いドイツは、国内産業を保護する観点から、2038年に石炭の除去を設定しました。

2019年、亜炭と石炭火力は依然として30%を供給しています(図2)。 日本の石炭火力発電のシェアとほぼ同じです。 地球温暖化対策と言われていますが、経済的には一気に石炭除去を進めることはできません。

おすすめの記事