インド

インドの発表によると、5月の初め以来、中国とインドの軍隊がヒマラヤ国境を睨みつけてきたが、6月15日、2人の軍隊が衝突し、20人のインド人兵士を殺害した。

インドは、中国側が実際の支配線(事実上の国境)を越え、中国がインド側の「国境」を越えたと主張している。 インド側で20人、中国側で3人が死亡したと推定されているが、中国側の方が攻撃的であった。 銃を使わずに両者が衝突したようです。

6月17日、中国の王毅外相とインドのスブラマニヤム・ジャシャンカル外相は、「国境」を越えたとして互いに非難しながら、国境地域の平和と安定を維持することに合意したと伝えられている。 行われています。 中国とインドの間で広範囲に及ぶ衝突のリスクは抑制されたようです。

しかし、今回の事件は、将来、中印関係に大きな影響を与えると思われます。 インドの著名なテレビジャーナリスト、バルハ・ダットは、6月17日にワシントンポスト紙に掲載された社説「致命的な国境衝突は、中国に関するインドの妄想を終わらせるはずだ」と述べた。「パキスタンは事実上、今日の中国のクライアント国である。インドでのテロ攻撃は、ジャマット・ウド・ダワのようなグループに国際的な制裁を課すことを防いだ」と述べた。 レッスンは、中国がそれがインドへの脅威であることを忘れてはならないことを指摘しています。 そうです、ダットは指摘します、そしてインドのインドに対する中国の脅威の認識は成長するでしょう。

同じ社説で、ダット氏は「中国はインドの経済と市場を獲得し、浸透させた。インドの中国との貿易赤字は530億ドルである。これは中国の帝国主義である。中国にインドの市場と消費者への無制限のアクセスを与えることは自殺行為である。 「米国経済を中国から切り離す」という話もあるが、インドも共鳴すべきだ。 彼はそうする方向に進むべきだと主張している。これらの議論は多くのインド人にも受け入れられるようである。これはRCEP(地域的包括的経済連携)交渉に大きな影響を与えると思われる。インドは昨年11月にそれを発表した。 RCEPには参加しませんが、この場合、インドが交渉に戻る可能性は低いようです。

最近、中国との経済関係を縮小する動きがあります。 中国は各地で次々と問題を引き起こしています。 香港での動きに関連して、最後の香港総督であるクリストファー・パッテンは、中国は「敵」と見なされるべきであると主張している。 オーストラリアは、新しいコロナウイルスの起源を調査することを主張した後、中国によって認可されました。 中国に対する米国の批判も強い。 そのような動きは、最終的には中国経済の将来の発展を抑制するように作用するでしょう。 さらに、コロナウイルスの経済的悪影響が世界中に広がるため、一帯一路イニシアチブは不良債権になると予想されます。 中国はこれらの動きを過小評価してはならないようです。

さらに、中国とインドの国境での中国の行動は、尖閣諸島問題への中国の出現を予測する上で日本にとっても興味深いはずです。

おすすめの記事