USA

トランプ大統領と民主党候補のバイデンの間の議論が11月の米国大統領選挙のために激化するにつれて、どちらが中国に対してより積極的であるかについての議論が広まっている。

今世紀の米国では、中国の経済と軍事力の台頭に伴い、「新冷戦」への懸念を含め、米中関係への関心が高まっています。 特に、今年の大統領選挙では、トランプ大統領は、安価な中国製品の流入に見舞われた中西部の農民や中小企業を守るという観点から、中国に対する一連の経済制裁を開始しました。 さらに、コロナウイルス感染が米国を覆い始めて以来、「中国ウイルス」という表現を使用して、中国に対する批判をエスカレートさせてきました。

一方、バイデン氏は昨年の大統領選挙に出馬すると発表して以来、大規模な外交発言を控えているが、オバマ政権時代から副大統領時代から共和党よりも厳しい姿勢を示している。安全保障問題を含む中国との外交。 私は通り抜けてきました。

しかし、トランプ氏は劣等生から立ち直るためにここに来たが、「バイデンは中国で腰が少し弱っている」と繰り返し批判し、中国に対する姿勢をさらに明確にしているため、最近真剣に戦わなければならない。 迷子になっています。

この背景には、近年、政党に関係なく、アメリカの有権者が中国に対してより警戒するようになっていることがあります。

4月21日にピュー研究所が発表した世論調査によると、アメリカ人の66%が中国を嫌い、62%が中国を脅威と考えています。 明らかになりました。 さらに、習近平の指導者についても71%が「信頼できない」と回答しています。

「中国に対する脅威」を感じる主な理由は、「彼らは中国に職を失った」と「彼らは貿易赤字に苦しんだ」ということです。

党から同じ質問をされたとき、共和党支持者の72%と民主党支持者の62%が「中国が好きではなかった」と言った。 中国への不信が派閥を超えて広がっていることはすでに示されています。

これらの世論の動向を踏まえ、トランプ政権は最近、中国問題を今年の大統領選挙の重要な問題として位置づけ、中国に対する批判を強めている。

マイク・ポンペオ国務長官は18日、デトロイト経済クラブでの演説で、「中国の外交政策は敵対的な交戦であり、通商政策は最も略奪的である」と述べた。 「中国のリーダーシップはオープンでグローバル化されている。それは回心の一部であると言われているが、これは単なる冗談だ」と彼は中国の「犯罪」に言及して激しい言葉で言った。

それから、オブライエン大統領補佐官(国家安全保障顧問)も同じ24日間、アリゾナでの共和党集会で、「中国共産党マルクスは、レーニン主義者、彼ら自身の習近平ジンタオの一党独裁である」スターリンの後継者。 「私はそれを認める」と彼は言った。

政策面での中国への強硬な訴えも目立つ。

5月下旬、香港の民主化運動に対する中国の引き締め措置を受けて、香港に適用される「優遇措置の撤廃」政策が発表され、6月29日、より具体的には軍事目的に使用できる技術が香港への輸出インセンティブを一時停止します。

そして今月14日、大統領自身がホワイトハウスのローズガーデンで記者会見を開き、香港の自治権侵害と香港の優遇措置の廃止に関与した当局者への制裁を含む「香港自治法案」を盛り込んだ。香港。 彼は2つに署名したことを明らかにした。

おすすめの記事