North Korea

最近、衛星写真は、北朝鮮の平壌近くの元里に核弾頭を製造するために使用されるかもしれない施設の存在を明らかにしました。 CNNは、プラネットラボが取得した映像とミドルベリー国際問題研究所による分析により、平壌の近くで稼働している新しい施設が明らかになったと報告しました。 同研究所のジェフリー・ルイス氏はCNNに対し、「米朝交渉の間、活動は衰えず、核兵器を製造している」と語った。 別の専門家であるUnkitPandaは、次の本で、この施設は主に弾頭の製造に関与しており、緊急時の対応を改善するための分散型弾頭配置の場所になる可能性があると述べています。 言う。 韓国軍当局者は、この施設が核開発に直接関連している可能性は低いと述べています。 これに加えて、いくつかの秘密施設が疑われている(平安北道の泰川、博川、亀城地下ウラン濃縮施設など)。

韓国の英字新聞コリア・ヘラルドは、7月14日付けの社説「核弾頭が平壌の抵抗を指摘している疑いのある施設」に書いた。「今はトランプと金正恩の間の疑わしい合意を促進する時ではなく、完全性北朝鮮の非核化のための具体的なロードマップを作成することに固執する時が来ました。」そうです。 文在寅政権は、6月初旬の北朝鮮の緊張の高まりが海上の南北共同連絡事務所の爆発で終わったにもかかわらず、北朝鮮に対する政策を再考するのではなく、伝統的な宥和政策を強化した。 米朝首脳会談の是正姿勢を強めている。 それは完全に神秘的です。 そもそも、米朝交渉は今や仲介を必要とせず、米国と北朝鮮が直接行うことが重要である。

金与正(キム・ヨジョン)(朝鮮労働党初代副局長)は7月10日、「今年、米朝首脳会談のようなことは起こらないと思う」と述べた。 この声明は北の正直な考えではありませんか? ノースが行っているのは、むしろ次の4年間の戦略を開発し、独自のカードを拡大および強化することです。

文在寅は7月3日、6月の南北間の緊張に対する批判を受けて、青瓦台などの外交保安部を大幅に変更することを決定した。 徐薫(元国務庁長官)は、朴智元(元国会議員、金大中補佐官、北朝鮮への不法訪問と関連する不法送金に関与した)の治安部長である。北朝鮮)とイ・インヨン(国会議員、元学生)運動指導者)は、鄭義溶元事務総長と徐薫元事務総長を特別治安補佐官に任命した。 彼らのほとんどは学生運動を通じて北朝鮮の熱狂的な愛好家であり、アメリカの愛好家の不足が批判されています。

文在寅政権は最近、北部では「非核化」という言葉すら言っていない。 朝鮮戦争勃発記念日である6月25日の演説も同様だった。 南北宥和政策と「南北関係韓国運転席」理論が最初であり、それがすべてのようだ。 最大の問題は、北朝鮮問題を南北、米国、韓国でしか扱いたくないということであり、それができると誤解している。 それは外の世界のすべての言葉で明らかです。 韓国は、北の核開発が今や最も重要な地域的および世界的な問題であり、南北問題を超えた問題ではなくなったことを理解すべきである。

ビーガン米国務副長官(および北朝鮮代表)が7月7日から9日まで韓国を訪問した。 おそらく、米国には二つの意図があるのだろう。第一に、新しい外交保安線に会い、決定すること、第二に、南北関係について米国と韓国と緊密に連絡を取り合うことである。言い換えれば、米国は、アメリカ合衆国。 彼は彼にそのことを思い出させようとしていたようです。 ビーガンはおそらく韓国が一人で走るのを防ぐために釘を刺した。 最近、韓国政府と与党は「米国の同意を得ずに南北に前進すべきだ」と勇敢に発言し、それに応えて米国も米韓の調整。 彼は韓国の作業部会に不満を持っていた。

11月までに別の米朝首脳会談を調停するという韓国の考えは危険です。 韓国は、寧辺プラスアルファを廃止し、制裁を部分的に撤回するという「小さな合意」を再び目指したいと考えています。 制裁措置は有効であり、重要な手段です。 トランプ氏は米朝首脳会談に関心を持っているふりをしているが、選挙前にそのような重要で物議を醸す外交を行うことは適切ではない。

おすすめの記事