香港をめぐる米中の対立

香港を越えた米中紛争は「ノーリターンのポイント」まで続くのだろうか? 香港の元宗主国である英国のジョンソン政権も、中国に対する強硬策に向けた一歩を踏み出した。 しかし、米国と英国で強硬な態度をとっているからといって、習近平政権の香港への介入を突然抑制してはならない。

9月に予定されている立法評議会(議会、固定番号70)の選挙では、香港国家安全保障法に基づいてさまざまな規制を設定することにより、選挙に介入することが非常に考えられます。 その場合、民主化派、独立を求める本土派、真っ黒な勇敢派と呼ばれる過激派などの反中国勢力が、西政権(+香港政府)の独裁と権力憲法を強化する。 )内側と外側。 あなたはアピールすることを目指します。 選挙ボイコットなどの強硬策を講じたり、選挙や投票行動を直接妨害したりすることで、選挙自体の無効性を国際社会に広く訴える可能性が高い。

いずれにせよ、香港国家安全保障法は昨年6月以来の香港の混乱に終止符を打つことはないが、さらなる混乱につながるだろう。

メディアは、香港問題に対する西政権の強硬姿勢に関するさまざまな分析を報道している。 しかし、混乱の原因、中国と英国の間の帰還交渉に対する態度の違い、より簡単に言えば、英国(というよりは西側)が帰還に賭けた中国側の「執着」を探す。 読み間違えた点は必要なようです。

香港がイギリスの植民地から中華人民共和国の特別行政区に変わる半月前の1997年6月15日、「中国との戦い、イギリスの外交官の回想」(筑摩書房)が出版されました。

著者のパーシー・クレイドックは、1923年に生まれ、ケンブリッジ大学を卒業した後、英国外務省に加わりました。 1966年から1969年にかけて、文化大革命が最も激しい戦いであり、中国全体が混乱に見舞われたとき、彼は北京の英国副大使館の副カウンセラー兼副大使でした。

この間、世界中の中国大使館を拠点とする文化大革命過激派は、従来の外交慣習を無視した過激でずさんな、利己的で不合理な「文化大革命外交」を実施した。 紅衛兵が北京の英国大使館を燃やした事件に遭遇し、事件を処理したのはパーシー・クレイドックでした。 もしそうなら、彼は毛沢東主義によって偽造された紅衛兵との直接の対立を経験したに違いありません。

ここで忘れてはならないのは、習近平胡錦濤らの現在の中国の政治の中心地を説明する紅衛兵世代ですが、それは赤い光洋世代であると言うと、年齢より少し低かったです。 彼らは毛沢東が絶対的な権力を掌握した時代に生まれ、毛沢東を神として崇拝して育ちました。 いわば「毛沢東のいい子」を目指して「純粋な毛沢東世代」と呼ばれるべき世代です。

1978年にドイツ東部大使とジュネーブ代表に勤務した後、パーシー・クレイドックは1984年まで大使として北京に入国しました。私たちは香港を当局に返還するための交渉を進めました。

1984年から1992年まで、首相の外交顧問に加えて、彼は英国諜報機関のゼネラルマネージャーでした。 サッチャー首相と少佐首相の特使として密かに中国を訪問し、天安門事件後の二国間関係と香港問題処理を担当した。 香港を専門とするロンドン大学の教授である私の友人も、返還交渉におけるパーシー・クレイドックの仕事を高く評価しました。

中国との交渉がその場で一貫して行われたからといって、「英国外交官の中国との戦いの回想」は、交渉関係者だけが知っている貴重な「本当の声」を伝えている。

彼が大使として経験した外界への開放の初期の頃、「中国は毛沢東の教義から解放され、人々を豊かに駆り立て、彼らの本来の経済活動を目覚めさせた」。 ある意味で、それは社会やつながりのある社会の悪影響よりも深刻な問題でした。 「」

ここで興味深いのは、「共産党組織は、不信者のために建てられた教会のように、今では社会のヒエラルキーを登る手段としてのみ存在している」と決定していることです。 共産党は「中国は開かれた政策の遵守を主張し、外国から学ばなければならないという謙虚な態度を表明したが、頑固で自己中心的な態度は残った」と独裁政権を握っていると指摘されている。

初期の段階では、英国と香港の両方が、香港が中国経済に多大な貢献をしたために香港に手を差し伸べることが容易ではなかったため、共産党政権は香港の価値を高く評価したと主張した。 しかし、共産党政権は「香港に対する複雑な感情によってのみ動かされた」。 実際、「中国人のそれらの感情の渦は、彼らを押す力の源であり、私たちが無視することさえできない強力な存在でした。」

どうやら、「香港に対する複雑な感情」と「中国人のそれらの感情の渦」は、中国にとっての香港の経済的価値をはるかに超えた重みを持っていたようです。 だからこそ、中国の「香港問題は経済問題とは全く違う問題」だ。 もちろん、今でもそうではありませんか?

1949年10月1日、毛沢東は、朱徳、周恩来、劉少奇など、昨日まで同志であったはずの共産党幹部に続いて、天安門広場に立った。 「中央人民政府が樹立された」と彼は国の創設を宣言し、「これにより日本はもはや過小評価されなくなった」と続けた。 国の創設はまた、アヘン戦争以来の死を復讐するための第一歩でした。 そうだとすれば、「香港に対する複雑な感情」の源泉が毛沢東の創立宣言につながったと考えるのは大きな間違いではないだろう。

当時のサッチャー政権は、「香港を英国政権に任せ、中国に主権を与えるだけの解決策を考え出さなければならなかった。英国政権がなければ、香港の信頼を取り戻すことができた」と述べた。帰国後、北京を訪れて「香港の形」を探求する香港の親中国起業家を通じて、「香港の経済的繁栄を教え、香港の繁栄を維持する」一方で、英国の統治が必要である。

1982年9月、趙紫陽首相は、北京に搭乗したマーガレット・サッチャー首相に、「私たち(英国側)は見逃せないという重要な発言をした」と述べた。 つまり、「経済的繁栄は主権の観点から二次的な問題です。[…]中国にとって最も重要な問題は主権の回復であるため、中国が最初に主権を選択することは間違いない」と述べた。サッチャー政権の憶測は当初から怠慢だったようだ。

おすすめの記事