USA

元副大統領のジョー・バイデンが民主党の大統領候補に指名された。 しかし、副大統領候補の選出は困難でした。

ほとんどの推測には、カマラ・ハリス、エリザベス・ウォーレン、カレン・バス、タミー・ダックワース、スーザン・ライスが含まれます。 バイデン氏は8月1日に副大統領候補の名前を明らかにすると述べたが、期限は守られておらず、彼はまだ丸1週間を決定していません。

8月17日に開催される民主党全国大会が最終日となるが、それまでに決定されるかどうかについては疑問が残る。

なんでそんなに迷うの? その理由の一つは、バイデン氏が選挙運動の早い段階で「女性を副大統領に指名する」ことを早期に約束したことです。 その後、黒人による抗議が行われ、世論として「黒人女性」を選ぶ傾向にある。 これにより、副大統領の選択肢が狭まりました。

候補者である女性は優秀ですが、致命的な部分もあります。 まず第一に、誰もが最有力候補と見なしているハリス上院議員は、バイデン氏が民主党の候補者討論に徹底的に参加したことを覚えています。 鋭い舌で人気がありますが、敵もたくさんいます。

黒人グループに推薦された衆議院議員のバス氏は、過去にキューバを訪れ、カストロ氏を称える言動を記録した。 これは、多くのキューバ難民を抱えるフロリダに対して有効であると考えられています。 フロリダはまた、ジョージW.ブッシュ対アルゴアの選挙の結果を支配した州でもあります。

ウォーレン上院議員は71歳で、左派であるにもかかわらず、バーニー・サンダースとは意見が異なり、民主党の承認を得るのは難しい。 ダックワース上院議員は、アジア系の背景が弱く、イラク戦争で両足を失った歴史があるが、バイデン氏への反対は、「バイデン氏がイラク戦争に賛成票を投じた」と批判している。 、その部分が押し上げられる可能性があります。 ライスは外交の専門家であり、政治的経験が不足しています。

実際、突然、バイデン氏がミシガン州知事のグレッチェン・ホイットマーと会談したという情報がありました。 ここに来て突然新候補が出るかどうかという話もあるが、ある程度候補を絞り込んだ後、新候補に混乱が広がるだけだという意見もある。

おすすめの記事