中国が「北斗」測位衛星の打ち上げを発表

2020年6月23日、中国は第55回「北斗」測位衛星システム衛星の打ち上げに成功しました。 この衛星は、30ユニットの「北斗3号」システムの最後の衛星です。 この衛星の打ち上げにより、中国は「北斗第3号」システムを完成させました。

中国は「北斗」システムの衛星を打ち上げているだけではありません。 China Aerospace Science and Technology Group Co.、Ltd。によると、2019年には世界中で102発のロケットが打ち上げられ、そのうち34発は中国が打ち上げました。 これらのロケットで、中国は43の衛星を打ち上げました。

中国はこれらの衛星を利用して情報通信ネットワークを構築しようとしています。 本稿では、宇宙開発を積極的に推進し、情報通信ネットワークを構築する中国の背景と意図について考察する。

中国の宇宙開発戦略

中国の宇宙開発戦略は、2016年から2020年までの「中国共産党中央委員会の国家経済社会開発第13次5カ年計画」(135)に従って策定されています。宇宙開発は中国の国家戦略であり、 「軍事と市民の融合」を推進している中国は、宇宙ベースのネットワークを商業目的だけでなく軍事目的にも使用しています。 2016年4月に中央軍事委員会装備開発部副総司令官が有人宇宙開発プロジェクトの副総司令官に任命されたことから、中国の宇宙開発には軍事目的があることが理解されます。 できる。

2016年12月27日、国務院新聞社は「中国の航海(中国の宇宙)」に関する白書を発表しました。 このホワイトペーパーは2000年、2006年、2011年、2016年に発行されました。その前文で、2016年のホワイトペーパーは次のように述べています。「1956年の設立以来、中国の宇宙事業は「2つの爆弾、1つの星」、有人宇宙開発、そして月探査。」 ing。

「2つの弾丸と1つの星」の最初の「両方の弾丸」は核爆弾と水素爆弾を指し、それらの輸送手段、ロケット、および「1つの星」は衛星を指します。 中国の宇宙探査は、衛星打ち上げを追加して、戦略核兵器を開発するために開始されました。 1961年8月20日、毛沢東大統領と周恩来首相を含む党センターは、「両方の弾丸」の研究と開発に合意し、1966年10月27日、「東風第2号(DF-2)」を発表した。核弾頭を装備。 打ち上げ実験を行い、「両方の弾丸を組み合わせた」を実施しました。

白書で提示された「開発のビジョン」を見ると、中国の宇宙開発は経済的な目的だけではないことが理解できます。 宇宙開発と開発に対する中国のビジョンは、「本格的な宇宙発電所の建設」、「自主的かつ制御可能なイノベーション開発能力、高度な科学に焦点を当てた探索的研究能力、および強力さ」に最初に着手されました。「持続可能な経済的および社会的開発サービス能力」続いて「効果的で信頼できる国家安全保障能力、科学的かつ効率的な現代の統治能力」が続く。

中国の衛星打ち上げ

中国は「三歩走」と呼ばれる3段階の「北斗」測位衛星システムを開発しました。 第一段階は2000年末までに中国本土で発売された「北斗No.1」システムです。第二段階「北斗No.2」システムは2012年末までにアジア太平洋地域にサービスを開始し、中国周辺で10メートル未満の位置決め誤差を達成しました。 「北斗3号」システムは、2018年に19衛星の基本ネットワークを完成させ、2020年6月23日に打ち上げられた30衛星でネットワークを完成させました。「北斗3号」システムは、グローバルな測位ナビゲーション支援サービスを提供します。 2020年末までに規模を拡大します。

さらに、中国は、2035年までに「北斗第3号」システムが、ユビキタス性とAIとの融合を強化した包括的な時空システムになると述べています。 これらの機能は、UAVスウォーム攻撃(ミツバチの群れのように制御される多数のUAVによる攻撃)で使用されます。

測位衛星システムは、リモートセンシング衛星と組み合わせて使用​​して、宇宙から世界中の海底資源を探索することもできます。 中国はリモートセンシング衛星の打ち上げにも積極的に取り組んでいます。 2006年に最初のリモートセンシング衛星「ハルカカンNo.1」の打ち上げに成功して以来、中国は「ハルカカン」シリーズの打ち上げを続けており、2018年1月までに「ハルカカンNo.30」システムのネットワークが確立されます。 結成されました。

中国は2018年1月に第4グループ「遥感衛星第30号」を打ち上げ、第1〜第3グループの合計9機の衛星とともに世界中の船舶を追跡できるようになったと言われています。 中国はまた、2019年7月26日に「ハルカカンNo.30」システムの5番目の衛星を打ち上げました。中国政府は、宇宙電磁環境探査および関連する技術試験に「ハルカカンNo.30」システムを使用すると発表していますが、分析されています軍事目的にも使用されること。 それは、米海軍の艦隊に対艦弾道ミサイル攻撃を行うための調査です。 中国には、非公開の、さらに高解像度の軍事衛星もあります。

中国も通信スペースを利用しており、高速ブロードバンド通信衛星の開発が加速しています。 中国の高速ブロードバンド通信衛星は、2018年末に打ち上げられ、2019年に運用を開始し、投資額は約100億元(約1,700億円)でした。 中国は、国内外を飛行する航空機、世界を航行する船舶、陸上を移動する車両などに高速・大容量通信を提供することで、「一帯一路」戦略や海外開発戦略に貢献していきます。もちろん、軍用機、船、軍用車両などを配備するときに使用されます。

しかし、衛星を使った通信は大気の影響を受け、そもそも通信容量には大きな限界があります。 中国もこの制限を緩和するための努力を続けています。 中国航天科技集団有限公司は、2019年12月27日に、通信と高軌道リモートセンシングのためのプラットフォームである「東方ベニ5号」超重衛星(ペイロード:1.5トン)を発表しました。宇宙探査に適用されます。 発売され、稼働中です。 打ち上げに使用されたロケットは、低軌道で25トン、静止軌道で14トンの宇宙機器を運ぶことができます。

おすすめの記事