Lebanon

レバノンのディアブ内閣は8月10日に辞任した。首都ベイルートでは、大規模な爆発の後、政府に対する抗議が激化し、混乱の責任を負った。 しかし、本当の理由は、ハッサン・ディアブ首相が事件の真実に真剣に取り組み始めたため、国を食べた支配階級は、実際の利害関係などの「不便な真実」が明らかになることを恐れ、圧力吊るされたことが原因と考えられます。

爆発による被害は想像を絶するものでした。 200人が死亡または行方不明になり、6,000人が負傷し、30万人の市民が家屋に被害を及ぼしました。 被害額は100〜150億ドル(1兆5800億円)。 9日には元宗主国フランスのエマニュエル・マクロン大統領の要請でレバノンを支援する国際会議が開かれ、約2億5000万ユーロ(312億円)が提供されることになったが、状況は焼け石と水である。

政府や政界の腐敗が爆発の直後に爆発を引き起こしたという市民の抗議が広がり、一部の過激なデモ隊が国会、財務省、銀行などに駆けつけ、治安部隊と衝突し、混乱した。 落ち着く兆しは見られません。 このような状況下、電気が1日数時間しか利用できないという市民生活の悪化が深刻化しています。

政府は、自宅軟禁下で爆発を引き起こした大量の硝酸アンモニウムの管理を担当した19人の港湾当局者を調査しています。 しかし、大臣と政治的支配者はお互いを非難し、批判と引き換えに終わる。 港を管轄する公共事業運輸大臣のナジャール氏は、司法当局を「対応を求めたが何もしなかった」と批判し、ハリリ前首相も「責任は現政権にある」と述べた。 私はそれを避けたいと思っています。

これらの政府の機能不全はあらゆる危機で露呈してきましたが、改善の兆しはありません。 逆に、悪化していると言えます。 ベイルート氏は、「窒息しているとき、政権を放棄し、混乱が続くのは、この国でおなじみの「政治的ゲーム」だ。あらゆる方向で封鎖されていたディアブ政権がこのようになることは早くから知られていた」と述べた。ソース。

ただし、情報筋は、このケースは少し異なると指摘しています。 それは、ハッサン・ディアブ首相の辞任のテレビ演説にはっきりと示されています。 地元メディアなどによると、首相は、爆発の「犯罪」は国の独特の汚職の結果であると政治的支配者を非難し、次のように述べた。

「腐敗の構造は国家よりも大きく、国家はそのシステムに拘束されており、それに立ち向かうことも排除することも不可能です。」

「私の改革努力はすべて政府の首謀者によって妨げられました。これはレバノンの人々にとって本当の悲劇です。」

おすすめの記事